第4回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)

〜次世代を担う最先端技術が一堂に〜

幕張メッセ 2・3・4・5ホール、屋外展示場
Japan
25 5月, 10:00 AM - 27 5月, 04:00 PM

第4回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)

建設業界・測量業界の次世代を担う、建機・重機・アタッチメント・建設DX・i-Constructionなど、進化し続ける業界最先端の製品・技術・サービスが一堂に集結する「第4回 建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)」に出展します。

本展示会では、令和4年度の「ICT土工-出来形管理要領」に新たに追加された Leica GS18 I や、盛土の締め固め品質が向上する最新転圧管理システム Dual Mast Roller など、測量・施工の現場でi-Constructionの動きを加速させる数多くの製品をご紹介します。
さらに今年2月に発表したばかりの移動体ハンディレーザースキャナー「Leica BLK2GO」をはじめ、日本未発売の新製品の展示も予定しております。

建設・測量業界の方が抱える課題を多角的に解決する製品やヒントに加え、次世代を担う最先端技術が一堂に会する貴重な機会。皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

  • 会期 2022年5月25日(水)- 27日(金) 10:00~17:00(最終日のみ16:00まで)
  • 会場 幕張メッセ 2・3・4・5ホール、屋外展示場
  • アクセス
    JR京葉線 - 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から徒歩約5分。
    JR総武線・京成線 - 幕張本郷駅(秋葉原駅から約40分)から「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分
    https://www.m-messe.co.jp/access/
  • ホームページ https://cspi-expo.com/
  • ブース番号 F-60
  • 参加登録方法 こちらにアクセスし参加登録してください。

 

特別セミナー

ライカの最新ICT施工ソリューションとタイトレックの事例紹介
~「道路プラン君3D」を使用した現場・災害対応のご紹介~

建設現場における生産性向上や安全性向上を実現するライカの最新ICTソリューションの紹介と、タイトレック株式会社のICT技術「道路プラン君3D」を使用した現場・災害対応についてご紹介致します。

  • 日時 5月27日(金)12:20~13:20
  • 会場 特別セミナーC会場
  • 講師
    タイトレック株式会社 代表取締役社長 山口 孝人様
    ライカジオシステムズ株式会社 ヘビーコンストラクション事業部 部長 竹添 明生
  • 参加登録方法 こちらにアクセスし参加登録してください。

 

製品・技術PRセミナー

1. ICT土工 - 出来形管理要領へ対応!
〜ライカジオシステムズの新たなICT活用工事への取組〜

国土交通省が発表した、令和4年度の「ICT土工-出来形管理要領」の改訂で新たに追加された「地上写真測量を用いた出来形管理」。本セミナーでは、この新要領の解説及び新技術を利活用して新たな出来形管理手法にどう取り組むべきかを紹介する。さらに新要領に対応した、ビジュアル・ポジショニング機能を装備し、汎用性の高い測量を可能にするGNSS受信アンテナ「Leica GS18 I」を使った活用例も併せて紹介する。

  • 日時 5月26日(木)10:30~11:30
  • 会場 PRセミナーⅠ会場
  • 講師 ライカジオシステムズ株式会社 GMAT事業部 主任 西川 運馬
  • 参加登録方法 当日、直接会場にお越しいただき参加受付をお願いします。

2. 手軽に点群取得可能な3Dレーザースキャナーのご紹介
〜新製品「Leica BLK2GO」の活用方法〜

今年2月に発売以来、多くの方から指示される、新しい移動体ハンディ型レーザースキャナー「BLK2GO」をご紹介。移動体レーザースキャナーは地上型のものに比べ、10倍以上の速さで計測し面倒な三脚設置等を行わず、手に持って歩くだけで色付き点群とパノラマ画像を作成。作業効率向上と人手を掛けないスピーディーな計測を可能にする。さらに、これら計測データを使用した活用事例(図化・モデル化・共有化)も併せて紹介。

  • 日時 5月27日(金)10:30~11:30
  • 会場 PRセミナーⅠ会場
  • 講師 ライカジオシステムズ株式会社 リアリティキャプチャー事業部 事業部長 長塚 敬介
  • 参加登録方法 当日、直接会場にお越しいただき参加受付をお願いします。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策について

当社では新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、お客様、お取引先様、従業員とその家族の安全確保・感染予防と感染拡大の防止・事業継続に向けた対応を引き続き継続しております。
会期中は案内スタッフのマスク着用の徹底と毎朝の検温、さらにブース内の設備・機器の消毒と消毒液の設置を実施いたします。