第2回 建設DX展

東京ビッグサイト
Japan
04 12月, 08:00 PM - 07 12月, 03:00 AM EST

第2回 建設DX展

住宅、ビル、商業・公共施設など、あらゆる建築物を対象とした建築総合展「第7回 ジャパンビルド-建築の先端技術展-」内で開催される「第2回 建設DX展」に出展します。

本展示会では、小規模土工ICTにも最適な油圧ショベル用のマシンガイダンスソリューション「Leica iCON site excavator(2022年12月発売予定)」や、設計段階、維持管理など幅広いシーンで長期的に使用できる最新 3D レーザースキャナーなど BIM はもちろん、デジタル施工に活用いただける製品を多数ご紹介します。

国土交通省の発表にて「2023年までに小規模を除く全ての公共事業にBIM/CIMを原則適用」することが決定され、ますます3次元データの活用やデジタル施工の実施が急務の今、「点群やBIMを活用した施工管理の導入に困っている」「BIMを導入したけど成果が実感できていない」といった様々な課題を多角的に解決する製品やソリューションをぜひブースで体験してください。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

会期 2022年12月5日(月)~7日(水)10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会場 東京ビッグサイト 西ホール
イベントホームページ https://www.japan-build.jp/tokyo/ja-jp/visit/kdx.html
小間番号 21-2
出展予定製品 Leica Nova MS60 1台の機器で全ての測量作業をこなす世界初のスキャナー搭載型トータルステーション
Leica Zeno FLX100 コンパクト、正確、軽量なスマート受信アンテナ
Leica AP20 AutoPole 世界初の傾斜補正機能付きプリズムポール
Leica GS18 I 世界初ビジュアル・ポジショニング機能を装備した汎用性の高い測量用GNSS受信アンテナ
Leica CS30 測量現場用のタフなタブレット端末
Leica BLK360 G2 世界最小で簡単に操作できるイメージングレーザースキャナー
Leica RTC360 高速・高精度な3Dレーザースキャナー
Leica BLK2GO 移動体ハンディレーザースキャナー
3Dレーザースキャナー関連ソフトウェア
Leica iCON site excavator 油圧ショベル用のシンプルかつ最適なマシンガイダンスソリューション(2022年12月発売予定)
参加費 無料
参加方法 会場に入場には招待券が必要です。
イベントホームページ内「招待券のお申込み(無料)」よりお申込みください。
※入場方法に関するお問い合わせは、「RX Japan株式会社 ジャパンビルド-建築の先端技術展- 事務局」までご連絡ください。

 

出展社による製品・技術セミナー

最新レーザースキャナーとトータルステーションを使用した施工BIMの提案

スキャニングを身近にした世界最小・最軽量レーザースキャナーと、2D/3D図面を活用した施工BIMで高精度、高効率な墨出し、検査、管理を行うソリューションを紹介。

  • 日時: 12月6日(火)15:00~15:45
  • 会場: アトリウム内特設セミナー会場
  • 講師: ライカジオシステムズ株式会社 ビルディングソリューション営業部 部長 石倉 昌博 / GMAT事業部 金 宰完