建築・建設工事用レーザースキャナー

施工確認、調整および計画のためにレーザースキャナーを活用

AEC

ビル建設プロジェクトは移り変わりが早く、要求される納期を守れるソリューションが必要とされています。当社は、ハードウェアおよびソフトウェアの包括的ソリューションで、施工データを迅速に集めて処理し、情報に基づいた意思決定を支援し、現場作業を効率的に進めます。

堅牢なPシリーズのスキャナーから最小かつ最軽量の3次元レーザスキャナーのLeica BLK360まで、より高品質の計画作成と建設プロジェクトの遂行を後押しします。

しかし、良質な3次元データの取得だけにはとどまりません。下請業者による施工作業を一回のスキャンで確認する場合でも、計画書作成と調整のために現況調査をおこなう場合でも、当社の業界をリードするソフトウェアのソリューションであれば、デジタルで記録したデータに関連する納品物を簡単に作成できます。かつては値段が高すぎる、または使い方が難しすぎるという障壁から使用をためらっていた方でも、レーザースキャナーをフル活用できるようになりました。

 

建築物をスキャンした活用例

フランク・ロイド・ライトの建築スタジオを3Dレーザースキャナーでキャプチャした動画

 

 

関連製品

Leica BLK360

世界最小で操作が容易なレーザースキャナー

Leica RTC360

リュック一つで持運びが可能で、複数スキャンデータの自動合成機能を完備

Leica ScanStation P40/P30

高精度かつ長距離にも対応したレーザースキャナー

Leica Cyclone REGISTER

業界をリードする点群データ合成処理ソフトウェア

Leica Cyclone REGISTER 360

シンプル・スケーラブル・スピーディにスキャンデータの合成処理を実現するソフトウェア

Leica CloudWorx

取得した点群データをお好みのCADシステムと連携させるプラグインソフト

 

3Dレーザースキャナーの活用例

様々な業種・業務で3次元計測を正しく知って賢く活用して作業時間を大幅短縮

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品の詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

3Dレーザースキャナーの早わかりガイド

特長や使用例や利点を分かりやすく解説した「早わかりガイド」をダウンロード

Construction documentation with point clouds

As-Builts from Point Clouds: How Maxwell Construction Is Advancing Building Documentation.