測量・インフラ基盤工事におけるレーザースキャナーの活用

スキャナーで取得した点群データを起工測量や出来形管理で賢く活用

Survey

土工やインフラ基盤工事の現場において、測量士が取得するデータの精度がプロジェクトの成否に依存している場合、使用するハードウェアとソフトウェアは最も信頼のおける高精度で正確な計測がおこなえるソリューションが必要です。 レーザースキャナーは様々な構造物の3次元データを詳細まで高速かつ精確にキャプチャし、プロジェクトの提出に必要な書類や設計図やモデル作成業務を、高速かつ効率よくおこなえるようにします。

複雑な操作方法は混乱を招き、プロジェクトの遅延や一時停止にもつながりコストの増加にもつながるため、製品の優れた操作性はデータを扱う上で必須要件です。 当社ではシンプルな操作性と品質を優先しつつ、プロジェクトの最初から最後の段階まで信頼性の高いデータを提供し、プロジェクトの様々な関係者と成果物のデータを共有するためのソリューションを提供できます。

3Dレーザースキャナーの活用例:

 


関連製品

Leica BLK360

世界最小で操作が容易なレーザースキャナー

Leica RTC360

リュック一つで持運びが可能で、複数スキャンデータの自動合成機能を完備

Leica ScanStation P40/P30

高精度かつ長距離にも対応したレーザースキャナー

Leica Cyclone REGISTER 360

シンプル・スケーラブル・スピーディにスキャンデータの合成処理を実現するソフトウェア

Leica Cyclone REGISTER

業界をリードする点群データ合成処理ソフトウェア

Leica Cyclone SURVEY

点群データを分析して測量業務特有の提出書類に変換するためのソフトウェア

Leica CloudWorx for AutoCAD

AutoCAD向け点群データのプラグイン・ソフト

Leica TruView

大量の点群データでも簡単にチーム内でWebを介して共有し閲覧が可能

3Dレーザースキャナーの活用例

様々な業種・業務で3次元計測を正しく知って賢く活用して作業時間を大幅短縮

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品の詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

3Dレーザースキャナーの早わかりガイド

特長や使用例や利点を分かりやすく解説した「早わかりガイド」をダウンロード