Leica CityMapper エアボーン・ハイブリッド・センサー

エアボーン・アーバン・マッピングおよびスマートシティ・アプリケーションに特化して開発されたオブリークセンサーと LiDAR センサーの統合  

Leica Geosystems のエアボーン・ハイブリッド・センサー CityMapper

Leica CityMapper は、1台のセンサーにオブリーク画像と直下画像、さらに LiDAR センサーを搭載した世界で初のハイブリッド・エアボーンセンサーです。両方の特長を備えた CityMapper は、アーバンマッピングに特化して開発されました。高パフォーマンスの後処理ワークフロー Leica HxMap と共に、都市の完全なマッピング・ソリューション Leica RealCity を提供します。

さらに多くのデータを取得
1つのセンサーでデータプロダクト生成に必要なすべてのデータを収集し、非常に詳細なジオスペーシャル・レイヤー SmartBase を生成できるようになりました。オブリーク画像と直下の画像、および LiDAR データを取得・処理し、さらにオルソ画像とオブリーク画像から点群および 3D モデルといった派生データを得ることができます。

よりはやいデータ処理
HxMap は、業界で最速のデータ処理を行うエアボーン・センサーのための高性能マルチセンサー・ワークフローです。シンプルかつ直観的なユーザーインターフェース1つで、CityMapper が取得したデータを処理し、ボタンを押すだけで SmartBase が生成できます。HxMap はモジュール式のアップグレード可能なソフトウェアで、大都市のデータ処理も可能です。

よりスマートに
HxMap と CityMapper を併用した RealCity は、急速に変化する都市環境における正しい決定に貢献します。この方法で、最も速く効率的にすべてのジオスペーシャル情報レイヤーを生成します。SmartBase は、最新の極めて正確な 2D プロダクトおよび 3D モデルから成り、これらはすべて同時に取得したデータから生成されます。

Leica RealCity Webinar

Urban mapping made easy with new generation airborne sensor technology.

Leica RealCity

Sensor technology combined with a high-performance processing workflow to generate geospatial base layers for smart cities.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。