3Dレーザースキャナーの活用例

3次元計測を正しく知って賢く活用して作業時間を大幅短縮

レーザースキャナーが実現するリアリティキャプチャの世界

3Dレーザースキャナーの登場により、様々な構造物や空間の測量と現況を記録する作業が大幅に簡素化され、効率化されるようになりました。 設備搬入や移設前の干渉チェック済みの設計図の作成や、建設現場の地形データの詳細な把握、工場内の複雑な形状をした設備や配管データの取得など、どのような場所でも迅速に現況を記録して文書化する3Dレーザースキャナーはもはや、様々な現場の担当者にとって欠かせないリアリティキャプチャのための技術になっています。

レーザーを高速に照射して対象物までの距離と位置データを取得し、無数の点の集合体からなる「点群データ」で3次元の世界を細部まで再現するリアリティキャプチャソのリューションは、様々な構造物や空間の現況記録から、設計、施工、そして維持管理までの一連のプロセスを、使いやすいインターフェースを通して効率化します。

3Dレーザースキャナーはどのような用途や分野で使われているの?


AEC

土木・建築

測量は、土工や建築現場において常に最も重要な業務の一部です。一方で昨今は3Dレーザースキャナーの登場により、出来形測量や点検目的のモニタリング作業が大幅に効率化され、さらにBIMやCIMにおける活用が進んでいます。このレーザースキャン技術は、どのようにして測量や建築業務をより可視化し、工事の進捗報告や点検作業を大幅に効率化して作業時間を短縮することができるのか詳細をご確認ください。

Plant

プラント工場・発電所

プラント工場は市場で競争力を保つために最新設備に絶えず入れ替えて最新式にアップデートすることを必要とする施設です。当社の優れたハードウェアとソフトウェアの統合ソリューションが、BIMのプロセスにおける現況測量データの取得から日々の設備管理、および設備機器の搬入や配置変更までの作業を簡素化する手段を提供します。

Leica Survey

測量

現代の測量士は、3次元レーザースキャンを作業の一部に組み込むことで、従来と比べて工数削減と作業効率化につなげられます。 3Dレーザースキャナーがいかにして測量業界に革新をもたらし高いレベルの生産性と精度をもたらすことができるのか、詳細をご覧ください。

科学捜査と事故現場

警察関係者は犯罪や事故現場の重要な証拠を正確に記録し、保存しなければならず、ミスは許されません。一方で、素早く現場検証を行って一刻も早く通行止めの解除や通常業務に復帰できるよう、証拠の記録保存作業には精度、安全性、およびスピードも求められます。当社は犯罪や事故現場を素早く正確に記録し、信頼性の高いデータを捜査関係者に情報共有するための製品を提供しています。

 

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

3Dレーザースキャナーの早わかりガイド

特長や使用例や利点を分かりやすく解説した「早わかりガイド」をダウンロード