Leica iCON alpine 雪管理

3次元の積雪深計測と雪管理

Leica iCON alpine

正確で効率的な積雪深測
できる限り効率的にゲレンデを整備するには、積雪の整備中にブレードの下にある正確な雪の深さを把握しておくことが重要です。Lieca iCON alpineは、操縦席のディスプレイ画面にリアルタイムでデータを表示します。これにより、操縦者は雪の状態を直ちに把握し、完璧なゲレンデを整備できます。作業時間やコストを削減するだけではなく、ゲレンデの安全性を高めつつ、整備に必要な水と燃料を節約し、環境に配慮して整備業務を遂行できます。

ウェブベースのソリューションによりオフィスから視覚化
iCON alpine は、スキーゲレンデ整備用雪上車向けの管理ソリューションです。本システムは積雪量やスキーゲレンデにおける現在の作業状況などの情報を全ての整備担当者と同時に共有できます。また、Alpine PROなど他社のGIS雪管理ソリューションにWebサーバー経由で雪深測データをリアルタイムで転送し、詳細な分析や管理をおこなうことができます。

システム設置
iCON alpineシステムは、全てのメーカーのゲレンデ整備用雪上車に設置できます。メーカーによっては、雪上車にすでにiCON alpineが事前に設置されているものもあります。既存の雪上車にも簡単に後付け可能です。

コスト効率の向上

  • スキーシーズンを延長
  • 精密に整備した造雪が可能なため、人工雪の需要を削減
  • 燃料消費の節減
  • 独自の積雪整備の制御システムにより、積雪層への不用意な侵入を防ぎます。
  • 雪に埋もれた水道管や他の設備に対する衝突を防止します。

リアルタイム

  • 雪上車のディスプレイ画面が、現在の積雪の深さをセンチメートルで視覚化します。
  • 精度の高い造雪
  • 排雪した雪を他の場所に移動
  • 雪上車の作業位置を正確に特定

サステナビリティ

  • システム的なデータ分析によりお客様のスキー場に関する広範な情報を把握し、ゲレンデ品質を持続的に確保できます。長期間および複数シーズンの計画を可能にするデータ分析結果。
  • 積雪量が少ない場所を早期に発見
  • 過剰な積雪場所を特定
  • 最適化した目標計画通りの造雪と整備

包括的なシステム

  • 複合的な娯楽施設を効率的に整備
  • 春スキーのために残雪を効率的に分配
  • 計画通りに道路を除雪

 

Leica MCH100 Machine Monitoring

Real-time solution monitoring earthmoving machine activity.

Case Studies

Read how customers from around the world are putting our diverse solutions into action to shape smart change.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。