SmartWorx Viva 旧プロセッサーボード供給終了のお知らせ

2011 年にリリースされた SmartWorx Viva は多くのお客様に使用いただき、2016 年のCaptivate 発売まで数多く販売されたソフトウェアです。後継である Captivate 発売後も機能追加などから、現在ファームウェア(以降 FW)8 世代(Ver8)に至っています。

この度、旧プロセッサーボードの供給が終了する事になりましたことをお知らせいたします。

この旧プロセッサーボードは FW Ver5.05 より前の機器に対応しており、旧プロセッサーボードを新規プロセッサーボードに交換する場合は、ファームウェアのアップグレード(CCP)の更新が必要となる場合があります。この場合、修理費用に CCP の更新を見積もりに含むことになります。CCP の金額については、機器の種類と CCP のグレードにより異なります。詳しくは弊社営業、代理店、またはサービス部門までお問い合わせください。なお、今回対象となる機種については下記となります。

GS10、GS15/GS25、GR25、GR10、GM10/CS10、CS15
注意:GR、GM シリーズは FW3.11 以前の機種が対象となります。

 

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。