科学捜査や事故現場におけるレーザースキャナーの活用

警備の計画、災害復旧、事故・事件現場の調査などの目的で点群データを活用

Public Safety

警察関係者は犯罪や事故現場を正確かつ迅速に記録して文書化し、重要な事実や証拠を捜査関係者や検察と共有する必要があります。

当社の公共安全向けソリューションは、現場の捜査員とデータの解析チームとの間で情報をその場でシームレスに共有し、同期できるようにします。現場をスキャンし、合成処理をおこない、ウォークスルー形式でデータを3次元で視覚化して共有し、その場で必要なデータを確実にキャプチャしているかどうかを確認できます。

当社のソリューションは、多くの不要な人員が現場に立入って事件や事故現場を「汚す」ことを防ぎ、現場を分析して説得力のある証拠を見つけ出すために必要なスキャンデータを確保します。また、高い精度を要求される様々な捜査に関連した分析業務や、裁判所に提出するための書類作成までを支援するレーザースキャナーとをソフトウェアを兼ね備えたソリューションを提供しています。

 


事例

事件現場

カンザス州の科捜研は事件現場で新たな3Dレーザースキャナーの試用テストをおこない、機器の利点を強力に実証。

事件・事故現場におけるレーザースキャナー活用の流れ

 

 

 

関連製品

Leica Cyclone REGISTER 360

シンプル・スケーラブル・スピーディにスキャンデータの合成処理を実現するソフトウェア

Leica TruView

大量の点群データでも簡単にチーム内でWebを介して共有し閲覧が可能

Leica Map360

Leading software suite for forensic investigation.

Leica BLK360

世界最小で操作が容易なレーザースキャナー

Leica RTC360

リュック一つで持運びが可能で、複数スキャンデータの自動合成機能を完備

Leica ScanStation P40/P30

高精度かつ長距離にも対応したレーザースキャナー

 

3Dレーザースキャナーの活用例

様々な業種・業務で3次元計測を正しく知って賢く活用して作業時間を大幅短縮

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

TruView で事件現場のサンプルデータを閲覧

事件現場のスキャンデータを閲覧

3Dレーザースキャナーの早わかりガイド

特長や使用例や利点を分かりやすく解説した「早わかりガイド」をダウンロード

Recreating crime scenes with Laser Scanning

Reporter caught up with Johnson's County Sheriff Office criminalistics laboratory during HxGN LIVE 2018 to learn how laser scanning solutions is bringing people back to any crime scene.

The Future of Laser Scanning

Preserving crime and accident scenes, documenting and providing court-ready evidence to ensure every detail is captured - technology has changed how public safety professionals work.

The CSI Effect HDS Webinar

The HDS product management team discuss and demonstrate the key aspects of our HDS solutions from the approach of traditional crime scene investigation response.