Leica Chiroptera 4X 地形 / 測深 LiDAR システム

4X の点密度で地表面から水中までをシームレスにカバーする効率的な沿岸測量 LiDAR センサー

Leica Chiroptera II 地形 / 測深 LiDAR センサー

生産性が大きく向上
当社は、4X 測深システム製品群に革新的な高解像度技術を導入し、前バージョンと比較して 4 倍の点密度を実現しました。精度および濁水の測深性能は変えずに、感度がより向上した Leica Chiroptera 4X は、優れた点密度と測深精度を提供して生産性を 50% 以上も向上させます。

高性能な沿岸測量システム
コスト効果に優れた革新的な LiDAR システム Leica Chiroptera 4X は、測深チャンネルで毎秒 140,000 点、地形チャンネルでは毎秒最大 500,000 点のフルウェーブフォームの LiDAR データを同時に取得し、沿岸・地形測量を行います。

環境モニタリングおよび浅瀬測量で高まりつつある高精度データへのニーズに対し、水深 25m まで計測可能なシステムで対応します。海岸線のデータもシームレスに取得することができ、Leica RCD30 の 80 メガピクセルカメラを搭載し、RGB 点群データを生成します。

短時間で正確に計測

  • 地形・水中の両方をシームレスに LiDAR がカバーしフルウェーブフォームでデータを取得
  • 反応が遅く危険なエリアのデータもマルチビーム・ソナーで効率的に取得
  • 業界トップクラスのレーザー侵入深さ (K•Dmax=2.7)
  • 正確な環境モニタリングを可能にする、地形と海底の地形評価
  • 水の屈折によるエラーを自動補正
  • HawkEye 4X 測深 / 地形 LiDAR システムにアップグレード可能

 

海岸地域のマッピング


Leica Chiroptera 4X を使用すると、S-44 基準に準拠した海図作成が可能になります。オブリーク LiDAR により渉外部物を検知し、明確な境界がない陸上と海岸線のデータを収集すると同時に、濁水でも最大レベルのレーザー侵入深さを提供します。

沿岸モニタリング


高効率な LiDAR システムは、地質学と地形学における沿岸過程と浸食レベルのモニタリングを支援し、反射率と強度データを提供できるため、海底および生息環境の分類に活用できます。

河川、湖沼の測量


洪水地域マッピング、モデル作成、および洪水予測は、湖沼に近い居住地区を守るための重要な機能です。Leica Chiroptera 4X は算出のために必要なデータを提供し、災害管理とマッピング作業をサポートします。

環境モニタリング


水深測量は、水産養殖地域を調査して海洋生物の生態系や流体力学を研究するために、水辺の植物や生息環境をマッピングおよび分類して環境モニタリングをおこなうことを支援します。

Leica Geosystems Airborne Bathymetric Solutions

Leica Geosystems airborne bathymetric LiDAR sensors provide seamless data from water to land and seafloor coverage down to 50 m water depth.

Leica LiDAR Survey Studio

The Leica LiDAR Survey Studio provides a highly efficient, integrated and automated end-to-end bathymetric LiDAR processing workflow for the Leica Chiroptera 4X.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。