Leica DMC III エアボーン・デジタル・カメラ

広い領域をカバーするラージフォーマット・カメラ

Leica DMC III

新しい Leica DMC III - 新たな地平を開く

全く新しい CMOS テクノロジーに基づきエアボーンアプリケーションに特化して開発されたこのセンサーは、世界最大のシングルフレームカメラ と効率的なワークフローを融合しています。

Leica DMC III カメラは、シングルフレームカメラとしては世界最大の25,000ピクセル以上のスワス幅です。これは他社製品より25% 広い領域をカバーすることになります。さらに、革新的な像ブレ補正機能 (FMC) により、かつてない高い画像品質と一体型センサーによる優れたジオメトリック精度を提供します。

革新的な CMOS テクノロジー

DMC III は CMOS センサーテクノロジーを搭載した初めてのラージフォーマットカメラで、CCD テクノロジーで成しえなかったパフォーマンスを実現します。

  • センサーの大型化、エリアパフォーマンスの向上により、データ取得コストを削減
  • ダイナミックレンジが 100% アップしたことにより、さらに多くの情報を取得
  • 低いイメージノイズとほぼゼロのブルーミングにより、かつてない程高いデータクオリティを実現
  • プランニングから後処理までを統合したワークフロー

Leica DMC III はフライトマネジメントシステムと GNSS/IMU システムを搭載しています。カスタマイズした光学系とクラス5の IMU が優れたジオメトリック精度を実現します。

高いパフォーマンスを生むワークフローで、かつてない生産性を実現

最も効率的なデータ処理ができるカメラがカメラのナンバーワンになります。高い評価をいただいているデータ処理ソフトウェア Leica XPro をベースに、ライカジオシステムズは直観的な共有データ処理プラットフォーム Leica HxMap を開発し、すべてのセンサーにおける高速・高効率の処理をサポートします。

 

Leica DMC III - 新たな地平を開く

新しいエアボーン・マッピング・ソリューション Leica DMC III は、世界最大のシングルフレームカメラと効率的なワークフローを融合して新境地を開拓します。

Leica DMC III とクラウス・ノイマン

エアボーン・イメージングセンサー部門技術営業副社長クラウス・ノイマンが DMC III についてご説明します。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。