Leica HxMap Provider

正確なジオレファレンス処理と撮影飛行の成否を即座に判断するデータインジェストと生データの QC モジュール

Leica HxMap Provider データインジェストと生データの QC モジュール

HxMap Workflow Manager のコア・ソフトウェア・モジュールを使用すると、Leica HxMap Provider モジュールは、生の QC データとインジェスト機能を使用できるようになります。HxMap Provider には、HxMap Enabler コンポーネントが必要です。

生の QC データ - 即時のフィードバック
センサー・タイプや用途に関わらず、撮影飛行の成否をすぐに知ることが重要です。生の QC モジュールをマスメモリに接続し、樹木ビューやマップビューで撮影飛行を表示し、データを処理することなくフットプリント範囲と画質を確認します。Leica HxMap 後処理ソフトウェアの双方向使用ごとにライセンスが必要です。

Ingest - フローへ
後処理された GNSS-IMU 航跡を利用して生のセンサーデータをジオレファレンス処理して、フレームセンサー用の空中画像を生成し、三角測量、プロダクトの生成、都市モデル化など、この後の処理に向け準備します。Ingest では、ユーザー定義のラジオメトリック/大気補正に基づいて空中画像フレームが準備・改善されます。

高スループットの分散計算で処理され、1ノードに1ライセンスが必要となります。標準構成は4ライセンスです*。

詳細情報あるいはデモをご希望の場合はお問い合わせください。

*Leica RCD30 シングルヘッド・システムの標準構成は 1 Ingest ライセンスです。

Leica RealCity Webinar

Urban mapping made easy with new generation airborne sensor technology.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。