Leica RealCity 都市部用のマッピング・ソリューション

スマートシティ専用に開発されたエアボーン・マッピング・ソリューション

都市部、特にスマートシティ用途では、地理空間ベースレイヤーのデータに対するニーズが、従来のデータ成果品に対するニーズを上回っています。つまり地表面のデジタルデータ、標高モデル、植生、道路情報、ビル街の情報、土地の用途等に関する定性的なデータに対するニーズです。さらに、ベースレイヤーのデータには、都市計画のためにGISに対応した建物の3D情報や、視覚化のための3Dメッシュ・データが必要です。  

Leica RealCityは、世界で唯一のハイブリッドセンサー Leica CityMapper-2 と高性能マルチセンサー・ワークフロー Leica HxMap を組み合わせ、都市部のマッピング課題を解決する革新的なエアボーン・リアリティ・キャプチャソリューションです。

Leica Geosystems RealCity Airborne Solution 

 

SmartBaseの生成


HxMap は CityMapperで取得したデータを、スマートシティ用途で最も幅広く使える地理空間ベースレイヤーである SmartBase の形式にデータ変換します。同時に取得したデータから生成される、最新かつ高精度な2Dデータと3Dの都市モデルなどがこれに含まれています。

情報に裏付けされた意思決定を


RealCity は日々変化する都市部の地理空間情報を効率よく提供するだけでなく、よりスマートに業務を進めるために情報に裏付けされた意思決定を促します。

効率的なデータ取得


CityMapper-2 は1つのセンサーヘッドに、斜めからの画像と直下視画像を取得するカメラとLiDARシステムを全て搭載した世界初のハイブリッド型航空測量センサーです。両者の長所を兼ね備えるこのセンサーは、都市部のマッピング専用に設計されています。

高性能なデータ処理


HxMap は、CityMapper-2 で取得したデータをスマートシティ用途に、最も包括的な地理空間ベースレイヤー形式のデータに変換します。同時に取得したデータから、最新の高精度な2Dデータと3Dの都市モデルが生成されます。

Leica CityMapper-2

Newly developed hybrid oblique imaging and LiDAR for highly-productive creation of 3D digital twins.

Newly developed hybrid oblique imaging and LiDAR for highly-productive creation of 3D digital twins.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。
セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。