Leica RealTerrain 大規模 LiDAR マッピング・ソリューション

シングルフォトンおよびリニアモード LiDAR テクノロジーと高速処理ワークフローを統合して効率的なマッピングを実現

Leica RealTerrain 大規模 LiDAR マッピング・ソリューション

RealTerrain は、効率的で柔軟なエアボーン LiDAR マッピング・ソリューションで、高いエアボーン技術の2つのモデルのいずれかを選択し、 正確な高密度標高データから様々な情報を提供します。Leica HxMapの高パフォーマンスのマルチセンサー、後処理ワークフローにより、データの納期を短縮することができます。

RealTerrainは Leica TerrainMapper エアボーン・リニアモード LiDAR センサーを併用することで、高い柔軟性と信頼性で幅広い用途でご使用いただけます。この組み合わせは、狭いスワス幅の路線計測から、複雑で日々変化していく環境を計測する高度な用途まで地域のマッピングプロジェクトに最適です。

RealTerrain は、広い領域をカバーする LiDAR マッピングプロジェクトの1点あたりのコストを抑え、Leica SPL100 のシングルフォトン LiDAR (SPL) テクノロジーを使用することで、最大10倍の高い効率を実現します。この構成は、国および州全体の防災計画、危機管理および森林のアセットマネジメントに最適です。

  • TerrainMapper は、飛行高度 300m から 5,500m 、優れた精度と比類ない点密度でデータを取得する次世代リニアモード LiDAR センサーです。
  • SPL100は、100の出力ビームで毎秒 600万点のデータを収集します。従来の LiDAR システムと比較して最大10倍の効率で時間とコストを節約できます。
  • HxMap のシンプルな1つのユーザーインターフェースは、かつてない程高速で LiDAR データと画像データの取込み、処理、および視覚化を行います。 

高精度・高密度標高データによって得られる効率的な情報は、次の用途には不可欠です:

  • 国および州全体のマッピング
  • 防災計画と危機管理
  • 森林管理と樹高測定
  • 洪水マッピングと土壌侵食管理
  • 路線計測マッピング
  • 変化し続ける複雑な環境マッピング

次のステップ
RealTerrain は、リニアモードとシングルフォトン LiDAR ソリューションの進化と継続的な開発を推進してきたライカジオシステムズの長年の専門知識の成果です。そして、今、エアボーンマッピング業界の進歩の次のステップとして、市場で最も競争力のある LiDAR 技術を提供します。

比類ない高い効率
SPL100 は広いエリアでの作業効率を最大10倍高め、飛行コストを劇的に節約します。TerrainMapper は、リニアモード LiDAR の中でも最も高いデータ取得率で様々な用途に柔軟に対応します。スピーディな後処理ワークフローによって、どのような LiDAR データセットも効率的に取得し、迅速に処理します。

TerrainMapper または SPL100HxMapを併用することで、RealTerrain はどのような LiDAR マッピングプロジェクトにとっても技術的なベースとなります。境界を越えて相互に影響しあう現代においては、信頼できる包括的な情報に基づいて決定を下し、それにより孤立することのないようにすることが重要です。

十分な情報に基づく決定は、すぐに活用可能な地形データと標高データの準備から始まります。高密度の点群データを高速で柔軟に取得・処理するフルソリューションです。

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。