Leica CloudWorx for MicroStation

MicroStation向け点群データ・プラグイン

Leica CloudWorx for MicroStation

Leica CloudWorx for MicroStationは、MicroStation内に現況測量した点群データ(レーザスキャナでキャプチャ)を直接扱うことができる、最も効率的で最もポピュラーなプラグイン・ソフトです。

使い慣れたMicroStationインタフェースおよびツールでレーザスキャンデータを用いた作業ができるため、短期間で習得できます。Leica CloudWorxおよび強力なLeica Cycloneおよび新しいLeica JetStream点群データエンジンにより、MicroStationユーザーにとって、大規模な点群データセットで効率的に視覚化と処理を行うことができるようになります。ユーザーは正確な2Dおよび3Dで現況図を作成し、現状に対して提案された設計図のチェック、重要な建設と組立てのQA実行など、多くの作業をすべてMicroStationから直接行なえます。

これまでに、MicroStation点群データのプラグインを使用する時、ユーザーはしばしば点群データの操作性に困難を感じていました。CloudWorxは強力なTruSpace 表示ウィンドウでこの問題を解決しました。直観的なパノラマ表示ウィンドウで、点群データが何を表わすかユーザーによりよく「確かめさせ」、かつてないスピードでMicroStationで点群データのビジュアル化を促進する、優れた制御の仕組です。

機能とメリット
  • オートフィットポリライン・ツールは、選択した1、2、または3つの点間で、2Dラインと円弧を点群データに素早く適合させることができます。そしてとクイックスライス機能とあわせて、2Dライン編集を使いやすい操作で素早く作成できます。
  • パイプの自動適合 - プラント工場の現況図作成用
  • 正確な突合せと干渉チェック
  • 3Dまた2D図面の納品物を作成するためのフル機能
  • UCSを点群に位置合わせするオート方向変更
  • オートフィットポリライン・ ツールは、選択した1、2、または3つの点間で、2Dラインと円弧を点群データに素早く適合させることができます。そしてとクイックスライス機能とあわせて、2Dライン編集を使いやすい操作で素早く作成できます。
  • 出来形管理に使える2Dライン、フランジ、オートパイプおよび鋼材(カタログ付き)のフィッター
  • クラッシュマネージャー
  • 極めて高速な点群データのレンダリング処理が可能なCycloneまたはJetStreamのデータソースのオプション

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。