Leica Cyclone BASIC

点群データオペレーション用の中核ソフト

Leica Cyclone BASIC

Leica Cyclone BASICは、専門家がレーザースキャン・プロジェクトを効率的に管理し実行するためのツールセットです。専門家がレーザスキャンしたデータを集めて分析をすると同時に、チーム内でデータを共有することで、プロジェクトの多くの情報に基づいたより良い意思決定につなげられます。

オフィス環境でCyclone BASICを使用すれば、点群データや3次元モデルの表示ができるだけでなく、寸法計測やマークアップ/朱入れの機能も利用できます。Cyclone BASICは、幅広い形式のデータのインポートとエクスポートをサポートする、汎用性の高いデータ交換モジュールです。

機能とメリット
  • Fly Modeで、3Dマウスもサポートした、スムーズな3Dフライスルー・ナビゲーション
  • スキャン・ポイント間および(または)モデル化した表面の計測
  • 朱入れツールでスキャン画像をマークアップ

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。