Leica TruView Cloud

クラウドベースのデジタル・リアリティ SaaS プラットフォーム

Leica TruViewは、業界をリードする製品で、点群データ、設計モデル、マークアップなどのデータを容易かつ直観的な操作で共有できます。TruView Cloud  は、当社のクラウドベースのソフトウェアサービスで、Cyclone Cloud ポータル経由で使用できます。TruView Cloudは、ローカルのサーバーまたは外部のクラウドサービスにTruViewサーバーを導入する必要性を排除します。そしてライカジオシステムズが管理する信頼性を担保したクラウド環境から、企業ユースに耐えられるプロジェクトの共同作業スペースにアクセスできます。大規模プロジェクトにも対応し、シンプルで高速なTruViewの作業工程を実現します。

TruView Cloudは、デジタルリアリティデータを表示、計測し、また注釈を追加できるソフトウェアで、どこからでも、いつでも、任意の端末から利用可能です。TruViewでは、直観的な操作でデータにアクセスできます。Cyclone Cloud のアカウントにログインするだけで、製品を導入し、即座にデータ共有を始めることができます。優れた信頼性と、高度なユーザー管理機能により、データへのアクセス権限付与の問題を心配する必要はありません。

スピード

TruView Cloudは素早く展開しやすく、スケールアップも容易に行えます。初めてログインしてライセンスを有効化してから完全な機能配備までの作業が、わずか数分で完了します。ITに関する悩みはもう不要です。素早くデータを共有し、マークアップを即座に同期するため、より多くの作業が行えます。厳しいなプロジェクト・スケジュールで求められる、迅速なコミュニケーションと共同作業を行うことができます。

規模

TruView Cloudは、お客様とクライアントが必要とする数と量に合わせ、即座にかつ無制限に規模を拡大できる、企業向けソリューションです - 数回のスキャンから数千回のスキャンまで、データをすべて公開できます。TruView Cloudポータルから個別ポータルを作成することができ、その数は無制限です。各ポータルに、さまざまなコミュニティーのユーザー数を無制限に割り当たうえで、各ユーザー毎にアクセス権限を付与することができます。

シンプル

どんな規模の企業でもソリューションの設定と維持管理が行えるよう、TruView CloudはITの障壁を排除しました。アプリまたはプログラムをインストールする必要はありません。ノートPC、デスクトップPC、スマートフォン、またはタブレットから指定のURLを開くだけで、TruViewのデジタルリアリティ・データにアクセスできます。様々なセンサーから集めたデータを利用し、各関係者と容易に共有を行い、下請業者のプロジェクトを管理できます。

TruView Local


インストール不要の無償版のビューアで、Internet Explorerと互換性あり。新たなソフトウェア導入にITの障壁がある組織と、見込み顧客向けのマーケティング手段として、TruViewsで情報を共有するには最適です。ログイン不要で、ビューアを起動するだけで直ぐに表示できます。 

TruView Enterprise


組織内のネットワークまたは適切なISPサーバー上で導入展開が可能な堅固なビュアーです。カスタマイズ可能なインタフェースとユーザー毎にアクセス権限の制御ができます。複数のプロジェクトが進行しており、内部のITレベルおよび/または高い要件を持っている組織向けには最適な選択肢です。 

TruView Cloud


当社がホスティングするセキュアなクラウドのビューアです。カスタマイズ可能なURLと無制限のポータル数とユーザー数で利用でき、ITの専門知識や維持管理が不要で、直ちに使える点群データビュアーを求めている場合には、どんな規模の企業にも適したスケーラブルなソリューションとなっています。TruView Cloud は1年ごとのサブスクリプション契約更新となり、追加ストレージを購入することで無限に拡張可能です。

機能と特長


  • GeoTagsおよびLayersを含むLeica Geosystems Universal Project File(LGS)のサポート
  • 点ごとの温度データのピックアップを含む Leica BLK360 赤外線(IR)データのサポート
  • シングル・ビューで点群とモデルの表示
  • 設計デザイン図と施工条件と比較し、建設を開始する前に相違点がないか評価が可能

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ