iGD CoPilotのご紹介:大型建設プロジェクトの現場でドーザーの使用方法をシンプルにするシステム構造

新機能は建設現場で生産性と操作性を向上します。

Web Large

iGD CoPilot は建設現場のドーザー操作を簡素化します。マシンコントロール事業部製品スペシャリストのMorten Nissenが新機能について以下のように説明。

新機能の用途は何ですか?
iGD CoPilot は、3Dまたは2Dマシンコントロールを使用しない場合でもドーザーの使用を簡素化するために設計されました。

どのようなユーザーを想定していますか?
iGD CoPilotは、あらゆるレベルのドーザー操縦士向けでも使えるように設計されています。

製品はどのような場所で使用できますか。
既存のLeica iGD2ソリューションと一緒に使用するか、iGD CoPilotのみインストールして使用できます。

この製品の新機能はどのような目的で開発されたのですか?
3つの目的を達成するために新機能が開発されました:

  1. 新米の操縦士の生産性を改善すること。
  2. ドーザーの操作経験があまりないユーザーの習熟度を加速させること。
  3. ドーザーのような大型重機を操作する際に発生する操縦士の疲労やストレスを軽減すること。集中力と注意力が高い操縦士は、事故リスクを軽減し、現場の安全性を確保する優秀なオペレーターといえます。

新機能はいつどこで利用できますか?
新機能は2017年8月にリリースされたLeica iCP32ソフトウェアで利用できます。お客様は新バージョンのソフトウェアをmyWorldからダウンロードしていただき利用可能です。

機能は通常どのように使用されるのですか?
iGD CoPilot は、ドーザーを真っすぐにスムーズに動かし凹凸の少ない均一な仕上げを確実にします。平坦な敷均しが必要な場所、あるいは土砂の移動が必要な場所であればどこでも使用できます。

なぜ、新機能に投資するべきでしょうか?
この機能は、熟練度が低いオペレーターによる操縦を確実にし、熟練者の操縦士の生産性をより高め、日々のストレスを軽減します。さらに、ドーザーの操縦士の疲労レベルが軽減されるため、現場の安全性が高まります。

新機能のどの辺が独自で革命的な点なのでしょうか?
iGD CoPilotは主要なパラメーターを自動的に調整します。これにより操縦士の習熟度に関わりなく、より精確で均一な仕上げが可能になります。

特定の地域でのみ販売提供しております。詳細は 最寄りのライカジオシステムズの担当者までお問い合わせください

Morten

Morten Nissen
Product Specialist, Grading Solutions
Machine Control Division

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。