Leica MSS400 シリーズセンサー & SP Technology – 掘削機の生産性を最大化

改良したセンサー技術により、高精度を維持したまま掘削を高速化し、水中の用途でも生産性を飛躍的に向上させます。

Leica Viva TS16

MSS400シリーズセンサーは、SP Technologyにより精度を損なうことなく掘削を高速化し、重機の稼働率と生産性を大幅に向上させる改良されたセンサー技術を提供します。

重機でより精密な掘削作業も行うことができ、施工者はより早く、予算よりも少ない重機数で作業を完了できます。

MSS400 シリーズの一部である水中浚渫作業用のMSS420 センサーは、高度なMSS400シリーズセンサーの技術をベースに開発されています。最大水深40メートルで5バールの圧力下まで使用できるよう設計されたMSS420センサーは、高気密コネクター、堅牢なセンサーハウジング、頑丈なケーブルとステンレススチールブラケットなどの補強部品を装備しており、水中作業用として最も信頼できる製品です。Leica MSS420 の浚渫センサーは、ブーム1、ブーム2、アーム、バケット、チルトセンサー用にプログラム可能です。

あらゆるスピードで高精度を達成

ジャイロスコープと加速度計と組み合わせた慣性測定ガイダンス(IMUs)は浚渫精度を向上し、市場で最も俊敏に応答するセンサー技術でオペレーターの作業をスピードアップします。SP TechnologyはGNSSの性能を大幅に向上させ、GNSSのカバレッジ不良や修正信号の一時的な消失時の再作業の必要性を減らし、稼働時間を増やします。

MSS400シリーズセンサーは、より高い生産性が不可欠な難しい作業現場で、高速で高度な精度を維持しながら、作業者がより迅速に作業することを可能にします。

大幅に改善されたセンサー技術

SP Technology は、機械位置をより高い精度で計算し、重機をより速く動かし、オペレーターに正確なガイダンス値を提供します。より正確な角度計算により、機械をより効率的に使用することが可能です。

習得時間と再設定が不要

iCON excavate とGNSSを搭載する全ての掘削機は、簡単なアップグレードにより、SP Technologyの利点を活かせます。インストールと操作の両方において、これまでのガイダンスシステムの複雑さが解消されます。

主なメリット

  • 掘削機の速度、性能、精度、および生産性を向上
  • インストール時間を20%短縮、またキャリブレーション時間が30%短縮されるため、稼働時間の増加が可能
  • SP Technologyにより余掘を防止
  • 操縦席内のディスプレイに瞬時に更新情報を表示し、オペレーターのミスを削減
  • 正確な360度の測定範囲により「デッドスポット」を排除
  • 水中用の機能を追加して作業範囲を拡張

Leica MSS400 Series Sensors & SP Technology

Improved sensors technology, allowing faster digging, dramatically increasing productivity.

Leica MCH100 Machine Monitoring

Real-time solution monitoring earthmoving machine activity.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。