Leica Pegasus:Swift - 車輌搭載型の移動体3D計測器

高速に3Dデータを取得 - 現実世界の都市空間をリアルに視覚化してスマートシティを推進

Leica Pegasus:Swiftは、LiDARと高解像度で360度のシームレスなパノラマ画像データを組み合わせた車両搭載型の移動体3次元計測器で、地理情報システム(GIS)をベースとした業務(道路用地、鉱業、建設、都市計画、建築制限)向けのシステムです。高い信頼性を持つ当社のモバイルマッピング技術基盤を活用した新製品の Pegasus:Swift は、スマートシティ構想を推進するモバイル・リアリティキャプチャの、エントリーレベルのデジタル化ソリューションです。非常に効率的に大量のデータをキャプチャして3Dのデジタルデータ化し、迅速な判断を必要とするプロジェクトに送信し、様々な用途にマッチする柔軟で軽量な基盤を提供します。

マルチビーム LiDAR を使用すると、1回転でより多くの点群をキャプチャできます。 USB 3.0対応の外付けSSDは、さらに作業時間を短縮し、ユーザーは外付けSSDに直接データを保存し、USB 3.0に対応したPCまたはサーバーにシームレスに接続できます。



スマートシティ

都市の交通インフラのデジタル化やリソースの計画作成と最適化は、スマートシティの土台となります。Pegasus:Swiftは、この用途に最適なソリューションを提供することで、お客様のビジネス成長を支援します。点群データに合わせて調整されたシームレスな360度画像データにより、価値の高い実測データを容易い提供できます。 多数のセンサー拡張ポートにより、都市のデジタルデータをキャプチャする手段を増設できます。


地区のデジタルデータ化

Leica Pegasus:Managerのワークフローと組み合わせることで、場所と設備の3Dデータから特徴線をソフトウェアで効率的に抽出します。 ソフトウェアパッケージは、必要に応じて追加できる複数のモジュールで構成され、特徴線の自動抽出をおこなうためのワークフローソリューションです。また、データ交換モジュールにより、サードパーティのソフトウェアパッケージのローカライズが容易になります。Pegasus:WebViewerでキャプチャされたデータを視覚化することで、クラウドから、どこからでもいつでもデータを共有できるようになり、データの視覚化、配信、プロジェクトの送信が迅速におこなえます。 クラウド内のストレージと、プラグイン不要のブラウザから行える点群データのレンダリング機能により、画像データは点群データに合わせて調整されるため、点群内のデータを見逃すことはありません。Pegasus:Managerは ブラウザ上で全て実行できるソリューションのです。

Leica Pegasus:WebViewer

当社のモバイルマッピングセンサーで取得したデータを共有するための、ブラウザに依存しないプラットフォーム
当社のモバイルマッピングセンサーで取得したデータを共有するための、ブラウザに依存しないプラットフォーム

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。
セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。

Stories & Insights

Discover how mobile mapping technology enable our customers to regularly capture and digitise changing environments in 3D.
Discover how mobile mapping technology enable our customers to regularly capture and digitise changing environments in 3D.

Reality Capture Newsletter

Click here to subscribe to our regular newsletter and stay up-to-date on all the latest reality capture news.
Click here to subscribe to our regular newsletter and stay up-to-date on all the latest reality capture news.