Leica Pegasus:Two Ultimate モバイルマッピング・ソリューション

改良したスマートシティ用の、点群データに重ね合わせたシームレスな 360° 画像

Leica Pegasus:Two Ultimate

Leica Pegasus:Two Ultimate は、ライカジオシステムズの信頼性に優れたモバイルマッピング・プラットフォーム Pegasus:Two のアップデートバージョンです。2台のカメラを背中合わせで組込み、6台のカメラの画像をつなぎ合わせる必要はありません。24 MP の 360°画像を LiDAR プロファイラー・データに重ね合わせ、自動車、列車あるいは船舶からのデジタル・リアリティキャプチャが可能になります。よりはやくオフィスで処理できるよう、取り外し可能なSSDから単純にデータを取り出し、オフィスに持ち込むことができます。

新しい Leica Pegasus:Two Ultimate は作業時間を有効に活用し、様々な照明状態および車両速度でデータを取得することができます - センサーピクセル比が大きく、また、デュアルライトセンサーによって長く動的な測距範囲に対応します。側面カメラの解像度が 12 MP に上がり、JPEG圧縮機能を備え、写真測量と画像のクオリティが向上しました。

Pegasus:Two と比較すると正面と後部のカメラはなくなっています。これは、改良されたシステムのステレオペアの配置によって、正面・後部からの写真測量が不要になったためです。

  • 側面カメラは 12 MP で 8.0 FPS で、それぞれの側面のカメラの FOV は 61° x 47° です。
  • 10m での最大ピクセルサイズは 3mm
  • 12mm のレンズの調整可能な舗道カメラは、道路沿い、あるいはトンネル中の対象物のイメージデータを取得します。

360度カメラ


新しい360° 24 MP カメラシステムによるつなぎ合わせが不要なパノラマ画像伸縮ポールは保管が楽で、カメラヘッドへの損傷を防ぎます。360° のカメラデータで点群データを色付けできます。360° 画像と点群データは同時にオーバーレイ表示できます。

都市のデジタルデータ化


都市インフラのデジタル化、計画、および資源がスマートシティのベースです。Pegasus:Two Ultimate は、この市場に最良のソリューションを提供できるよう高い機能を提供します。点群データに重ね合わせた360°シームレスな画像データは、自動運転の将来のために、容易にリアリティデータを提供できます。

データ共有


新しい Leica Pegasus:WebViewer は、いつでもどこからでもデータにアクセスし共有することができます。このソフトウェアでは、クラウドに保存された計測データをよりはやく視覚化、納品、請求することができます。このシステムは、ナビゲーションや計測のための追加のプラグ・インは不要で、任意のブラウザで点群のレンダリング処理が可能です。

柔軟性を向上


より多くのセンサー拡張ポートでより多くのセンサーに接続が可能になり、都市のデータをデジタルで取得する新たな方法を提供します。業界用のリムーバブルな USB 3.0 ハードドライブで、リムーバブルのドライブ上にデータを直接保存し、PCと接続、あるいはUSB 3.0インターフェースでサーバーとシームレスに接続でき、さらに時間が節約されます。

Leica Pegasus:WebViewer

当社のモバイルマッピングセンサーで取得したデータを共有するための、ブラウザに依存しないプラットフォーム

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。

Stories & Insights

Discover how mobile mapping technology enable our customers to regularly capture and digitise changing environments in 3D.