Leica SiRailScan: 鉄道線路のインテリジェント3次元データ処理

完全な鉄道線路の現況ジオメトリおよびフィーチャ抽出のバッチ処理

SiRailScan by Leica Geosystems - モバイルセンサー・プラットフォーム - ソフトウェア

Leica SiRailScan は、土木建築レベルの精度で鉄道網の完全な現況データの抽出を可能にします。鉄道ネットワークの現況データを解析することによって、列車のコントロールによる安全性の向上とコスト効率の高い土木工事が実現しました。最高レベルのバッチ処理とネットワーク抽出が可能な Leica SiRailScan は、私鉄・国鉄の鉄道網の監視と維持にとって理想的なツールです。

次のような機能があります:
  • あらゆるスキャナーとLAS/ASCII/PTS/DXFファイル形式のデータをインポート
  • ジオメトリーオブジェクトとしてコントロールポイントをインポート
  • 切断面/単断面/縦断面図プロファイルの生成
  • 点群データからジオメトリオブジェクトを生成/編集
  • 線路の中心線を含む3次元点群データ計測
  • Tif、DXF ファイルのエクスポート、DXFファイル、ascii ファイルのジオメトリオブジェクトのエクスポート、3DSおよびDGN形式、およびユーザーカスタマイズの形式でのエクスポート
  • 現況軸あるいは設計トラックに基づく バッチ衝突検出と解析
  • 中心線に沿った切断面プロファイルを生成するバッチ処理、ベクトル化、DXF形式へのエクスポート
  • 高精度で信頼性のある現況軌道形状(左右レールと中心線)のバッチ抽出
  • バッチ処理によるカテナリーワイヤの検出、ベクトル化およびエクスポート
  • 設計図と現況図の比較の後、定義済みの形式(ASCII、DXF、DGN、PDF あるいは他のユーザー定義の形式)でのエクスポート
  • あらかじめ定義した建築限界プロファイルとトンネル構造の間の最小、水平、垂直および半径方向距離の測定
  • トンネル本体を2Dへ変換、設計図と現況図を比較
  • 体積モニタリングのためのDTM計算とバラスト評価の検出
  • 現況図内の鉄道形状に沿って個別の点群データとして枕木をエクスポート
  • 枕木表面形状の偏差を最適平面図にエクスポート
  • オルソ画像の生成と点群データの正射投影での表示
  • 定義した前提条件と同期した点群データの修正および復元
  • モバイルまたは固定レーザースキャナーで計測された構造オブジェクト(トンネル、橋梁)の経年変位分析
  • ひび割れ検知アルゴリズムとひび割れの長さ・幅の同時計算

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。