【NETIS 登録】イメージングトータルステーションを使用した遠隔測量

~いつでも、どこでも、離れたところからインターネットを使用して測量作業ができる~

Remote Survey

【2022 年11 月17 日 東京】 Hexagon 傘下の、計測テクノロジー業界のリーダーであるライカジオシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比孝典)は本日、新技術「イメージングトータルステーションを使用した遠隔測量」ついて、NETIS 登録が完了したことを発表しました。


ライカジオシステムズでは従来、ワンマン測量による作業効率の改善を提案しています。ワ
ンマン測量での作業効率改善はとても効果的なワークフローで生産性向上にもつながっていますが、常に測量技術者が機器を現場にて操作する必要があり、技術者の手配やスケジュール調整が難しいという課題が依然として残っていました。そこでライカジオシステムズは、新技術としてNETIS 登録が完了した、イメージング機能が搭載されたトータルステーションLeica Nova MS60Leica Viva TS16 ILeica Nova TS60 ILeica Nova TM60 I)と、測量に適した汎用性の高いコントローラーLeica CS30(以下、CS30)を使用した遠隔測量を新たに提案します。


今回提案する遠隔測量の技術では、測量技術者が直接現場に赴くことなく、離れた場所からインターネットを介して測量器を操作し、測量作業を実施する事が可能になります。現場では測量補助者が機器を設置し、遠隔測量終了後には機器を撤去するだけとなります。これにより測量作業に関わるコストの軽減が期待されます。

測量作業風景
1.現場における機器の設置状況
Remote Survey_on site
機器(イメージング機能搭載トータルステーションとCS30)を作業現場に設置し、CS30でイメージング機能搭載トータルステーションをコントロールすると、トータルステーションのビデオデータがCS30に表示される。この状態からCS30からインターネット接続を行う。CS30の画面をタップするとタップした方向に器械が自動旋回する。

2.離れた場所からの遠隔測量作業
Remote Survey_office
オフィスにいる測量技術者はインターネット経由でCS30にアクセスし、イメージング機能搭載トータルステーションのビデオ画像を見ながら、測量ポイントに器械を向けて、測量作業を行う。オフィスにおいてPC上に表示されるCS30の画面を使用して現場にいるのと同様な作業を行う事が可能になる。



【NETIS登録情報】

  • 新技術名称: イメージングトータルステーションを使用した遠隔測量
  • NETIS登録番号: QS-220024-A

 

Leica Geosystems – when it has to be right
およそ200年にわたり計測・測量の製品および技術で変革を生んできたHexagon のグループカンパニーであるライカジオシステムズは、世界中のプロフェッショナルに向けてトータルソリューションを開発しています。革新的な製品とソリューションの開発で知られているライカジオシステムズは、地理空間情報の利活用において、航空宇宙、防衛、安全、セキュリティ、建設、製造など、実に多岐にわたる業界のプロフェッショナルから信頼を得ています。ライカジオシステムズは高精度で正確な機器、洗練されたソフトウェア、そして信頼できるサービスで、社会の発展に貢献していきます。

Hexagonは、センサー、ソフトウェア、自律型ソリューションのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ基盤、セーフティ、モビリティの分野で効率、生産性、および品質を高めるためにデータを活用しています。

当社のテクノロジーは、都市エコシステムと生産エコシステムの繋がりと自律性を促進し、発展性のある持続可能な未来を創造します。
Hexagon (Nasdaq ストックホルム:HEXA B) は世界50カ国に約23,000人の従業員を擁し、総売上高は約43億ユーロです。

詳細についてはhexagon.comをご覧ください。 SNSアカウント@HexagonABをフォローください。

トータルステーションについての問い合わせ

トータルステーション関連製品に関するお問い合わせはこちらから
トータルステーション関連製品に関するお問い合わせはこちらから