Leica iCON iCT30 – 建設墨出しツール

生産性を向上させる自動墨出し

 iCON iCT30芯出し・墨出しツールが自動的に向きを変え、レーザービームで点の位置をハイライトする間、墨出し点をマークするMEP/HVAC設置業者

建築プロジェクトはますます複雑さを増し、建築業界におけるデジタル化とBIMへの流れが高まる中、デジタルで墨出しをおこなう手法およびプロセスが非常に重要になっています。従来のアナログ的な測定方法から、デジタル化された最新の墨出し技術への移行を実現するために、当社では、自動化されたデジタル墨出し技術をあらゆる建築現場で容易な操作で使用可能にする建築用墨出し機器 Leica iCON iCT30 を開発しました。

iCON iCT30は:
  • 従来のアナログな墨出し方法からデジタル化された最新の墨出し方法へ簡単に移行
  • iCON iCT30 はワンマンで操作が完結するため作業の生産性が向上
  • さまざまな基礎部分、構造物、建物外部で墨出し線引きが可能
  • 建屋の乾式壁や断熱材を設置するための墨出し
  • 空調設備の設置位置、配管工事、板金加工用の挿入・切り込みのための MEP(機械・電気・配管)要素の 芯出し・墨出し
  • 床または天井への全自動化された墨出しルーチンおよび配管の貫通孔のための墨出し線引き

最大 80 メートルの測定距離と 9" の測角精度を持つ iCT30 は、芯出しや墨出し用途における大部分の要件を満たせます。芯出し作業を遅延する視線の中断や混雑した状況などを心配する必要はありません。iCT30 は、困難な現場の状態にも対応できるよう、特別な耐久性を備えています。



iCON iCT30 - デジタルレイアウト


建築用途を前提に開発設計

Leica iCON buildフィールドソフトウェアは、建築業務の使用のために、特別設計されています。このソフトウェアにより、レンダリング処理済みのIFC 形式のモデルを使えるため、オペレーターは現場でモデルを平易にダイレクトに活用して作業を行えます。モーター化されたレイアウトツールによって、HVACやMEPのインスタレーションなどの複雑なレイアウト作業が平易になります。

最大の稼働時間

一日により多くのポイントを墨打ちおよび測定できます。iCT30 は、外部からの反射による妨害リスクを排除し、建築現場で墨出しをおこなうための優れたプリズムロック機能を特長としています。プリズムが見えなくなった時、AutoSearch が自動的に検索してプリズムを見つけるため、手動で検索を行うために時間を費やす必要がなくなります。内蔵望遠鏡により、反射が取れないレイアウト作業や特定の場所への照準もすぐに行えるため、スピードが向上します。

ワンマン・オペレーション

ロボティックコンストラクション レイアウトツール iCT30 で、レイアウトタスクの実行に必要なのは1人だけです。使いやすいハードウェアとソフトウェアにより、経験レベルに関係なく、現場の全作業員がレイアウト作業を行えます。

Leica iCON iCT30 の機能

  • 4 ボタン・キーボードで操作がシンプル
  • AutoSearch 機能によるプリズムサーチ
  • 建築用墨出し機器としてもっとも安定したロックオンプリズム機能
  • レンダリング処理されたIFC 形式のモデルをシームレスに使用できる、カスタマイズされた iCON build ソフトウェア
  • より簡単に照準を行える望遠鏡


Get in touch for more information about the Leica iCON Construction Sensors and Software

iCON iCT30 レイアウトツールと互換性のある製品:


ダウンロード


Leica iCON iCT30 データシート

技術仕様を記載した iCT30 データシート。
技術仕様を記載した iCT30 データシート。

Leica iCON build カタログ

建設現場のためのすべての iCON ソリューションのカタログ
建設現場のためのすべての iCON ソリューションのカタログ

ライカジオシステムズ建設用製品カタログ

すべてのライカジオシステムズ建築用ソリューションを記載した包括的なカタログ
すべてのライカジオシステムズ建築用ソリューションを記載した包括的なカタログ