Leica iCON alpine 積雪管理

3次元の積雪計測と管理

iCON alpine 積雪管理は、3D積雪測定ソリューションを含む包括的なツールであり、キャビンに設置されたパネルにリアルタイムにデータを提供し、ブレード下の正確な雪の深さを表示します。 これにより、オペレーターは積雪の状態をすぐに把握し、完璧なゲレンデを整備できます。 WebベースのGIS(地理情報)システムalpinePROを使用すると、包括的な分析、評価、計画機能を備えたリゾート インフラ全体の管理システムにソリューションを拡張できます。

雪の適切な整備


ゲレンデ整備で使用する雪(特に人工雪)は貴重です。 自然に降る雪であろうと人工雪であろうと、スキーシーズン全体を通して最適な方法で維持および利用することは大きな課題です。 これがゲレンデ勾配の効率的な管理のために、ますます多くのウィンター スポーツリゾートが最新のGNSSテクノロジーに依存している理由です。 Leica iCON alpineは、センチメートルまでの正確な積雪計測と積雪の分布も保証します。

最先端のセンサー技術


ブレード下の3点測定により、地形との衝突のリスクが軽減され傾斜したブレードで作業する場合の精度が確保されます。 3つの測定位置により、設計モデルに従ってブレードのより正確な位置決めできます。 デュアル スロープ テクノロジーにより、ブレードのロール補正され、ブレードを上または下に回転させるときの積雪計測の精度が大幅に向上します。 ブレードのロール補正は、ゲレンデを勾配整備するときや、スノーパークや競技コースを作成するときに有利です。

alpinePRO


alpinePROを使用すると、ソリューションをリゾート インフラ全体の管理システムに拡張できます。 包括的な分析、評価、計画にはalpine PROを使用してください。 タスクを割り当てたり、レポートを作成したり、ミッションやパトロールに出かけているときにオフィスと通信したりできるalpinePROのモバイルアプリを使用して、携帯することもできます。

スノー パークを簡単に施工


Leica iCON alpineソリューションは、競技用パークやコースを準備するときに時間とコストを節約します。 alpinePROを使用して、パークを作成するための積雪量と、保管された雪または人工雪を割り当てるための要件を正確に計算します。 スノーパーク設計者からLeica iCON alpineに直接3D設計データをインポートし、手動作業を最小限に抑えながらジャンプとターンの正確な高さを測定することにより、コースを正確に構築します。

ジオサーフCSのサイト

本製品の詳細や購入に関するお問い合わせは関連会社のジオサーフCS株式会社までお願いいたします。

Leica iCON alpine snow management solution

The new Leica iCON alpine snow management solution is a complete solution that delivers real-time data on the in-cabin display showing exact snow depths under the blade.

Introducing Leica ConX

A web interface solution to seamlessly integrate, manage and analyse all surveying and machine control workflows.

Leica ConX

Manage all your projects and share job-related data.

myWorldに今すぐ登録!

myWorldから既存のお客様とパートナー向けに多種多様なサービス、情報、トレーニング資料を提供いたします。