Leica CityMapper-2 都市部マッピング専用の高性能センサー

オブリーク画像取得技術とLiDARセンサーを搭載したハイブリッドのエアボーンセンサーは、都市部のデジタルデータを最高レベルの生産性と精度で高速に取得して提供します。

急速に変化する都市部では、従来のデータ成果品では事足りず、航空測量による正確なデータの必要性が増しており、より頻繁で効率的な地理空間レイヤーの取得と更新が求められています。

Leica CityMapper-2はアーバンマッピング向けに特化して設計された航空測量センサーで、従来と比べて2倍のデータ収集能力を持ち、急増する3Dデータ取得に対するニーズを満たします。 世界で唯一、斜めと直下画像とLiDARデータを取得するハイブリッドのエアボーンセンサーは、0.8秒ごとに2つの直下画像(RGB / NIR)と4つの150 MPの斜め(オブリーク)画像を取得し、街の隅々を視覚化する高い解像度データを提供します。センサーに搭載された新世代の2 MHzパルスレートLiDAR技術により、従来のアーバンマッピングの課題を解決します

新たに開発した光学システムには、当社独自の前進運動による写真のブレを機械的に補正する装置(FMC)が搭載されていますこれは、画像のブレを制御するためにシャッタースピードと航空機の速度を遅くする必要がある従来のカメラシステムとは異なり、効率を下げずに困難な照明条件下でも高品質の画像をキャプチャできます。

光学システム
  • 150MPで直下画像 (RGB & NIR)を撮影する2つのカメラ
  • 斜め45°でRGB画像を撮影する4つのカメラ
  • 裏面照射型(BSI) CMOSチップ
  • 前進運動による写真のブレを機械的に補正する装置(FMC)
  • カスタマイズされた低ディストーションレンズ
  • 標準高度と高高度で使用するために2つの焦点距離を選択可能
LiDAR センサー
  • 200万発/秒のパルス照射数
  • ゲートレス・マルチパルス・イン・エアー (MPiA)
  • 3 cm の精度範囲
  • オブリーク・スキャン・パターン
  • 取得データ全体で均一な点の分布
  • 高度2km までUSGS 品質レベル 0 の LiDAR データ

CityMapper-2は、都市部の「デジタルツイン」(リアルタイムにデジタルで再現)を3Dで非常に効率よく作成するための技術を搭載した、市場で最も優れた航空測量センサーです。さらにCityMapper-2は、人々が住む街をデジタルデータ化する方法を変革し、正射写真、点群データ、建物の3Dモデル、メッシュなどの最も詳細な地理空間ベースレイヤーを全て一度のフライトで作成可能にします。

強化された性能


CityMapper-2 は Leica RealCity エアボーン・アーバンマッピング・ソリューションの一部で、より短時間で運用コストを最小限に抑えながら都市部のデジタルツイン作成に特化して設計されています。

卓越した精度


新たに開発したカメラはカスタマイズした低ディストーションレンズを搭載し、前進運動による写真のブレを機械的に補正する装置(FMC)により、高速飛行でも最小 2 cm のピクセルサイズで画像データを取得できます。2 MHzリニアモード LiDAR センサーは、3 cm の精度範囲を実現し、都市部のデータ収集用に最適化されています。

柔軟な運用


本システムは、お客様のニーズを満たし現地の飛行規制をクリアするために、標準高度と高高度の飛行用に2つのコンフィグ設定から選択して利用できます。CityMapper-2は、システムコントローラーとストレージが組み込まれたコンパクトなパッケージで、測量用の航空機に簡単に設置できます。

出力が倍増


Leica HxMap の高性能な後処理ワークフローは、CityMapper-2とともに次世代型の方法に移行しました。システムに装備された画像データの事前処理機能により、完全にキャリブレーションされた高品質の画像データとLiDAR点群データが出力作成され、従来と比べて収集能力が2倍になりました。

ダウンロード

Leica CityMapper-2

Newly developed hybrid oblique imaging and LiDAR for highly-productive creation of 3D digital twins.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。