桜島火山観測

1960年(昭和35年)12月、日本最大規模の活火山である桜島に桜島火山観測所が設置され、地震観測と地盤変動観測に重点を置いて観測を実施しています。1994年(平成6年)春、ライカジオシステムズ社製の2周波GPS受信機 SR299E を霧島火山帯、および桜島にそれぞれ9機、計18機設置し、同年8月よりGPSネットワーク観測を開始しました。

 

2005年(平成17年)にGPSネットワークシステムの見直しが行われ、最新の受信機と解析ソフトの刷新が実施されました。システム自体のアップグレードにより位置精度、信頼性、効率が向上しました。

 

・最新型GNSS受信機の採用によるGPS+GLONASS受信可能なGNSSネットワークシステム

・解析ソフトに最新のライカジオシステムズ社製「Leica GNSS Spider」を採用

 

桜島火山観測事例_GNSSネットワークシステム構成イメージ

GNSSネットワークシステム構成イメージ

桜島火山観測事例_観測点の設置状況
観測点の設置状況

桜島火山観測事例_1年間の斜距離の変位-1
桜島火山観測事例_1年間の斜距離の変位-2
ある観測点を基準として過去1年間の斜距離の変位をグラフ化したもの

 

現在も桜島における火山観測は継続しています。

 

本事例の詳細はダウンロードセクションからダウンロードいただけます。

お問い合せはこちらから

製品やサービスの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ
製品やサービスの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ