コンクリート内部探知器 C-Thrue

コンクリート内部を探査し、埋め込まれた構造物のデータを取得

コンクリート内部探知器 C-thrue は、コンクリート内部を探査して埋め込まれた構造物のデータを明らかにし、最適な意思決定を下せるよう支援する、使いやすく堅牢なソリューションです。 このソリューションは、建設現場や、建築物、歩道橋、文化遺跡、橋梁などの修繕、そしてトンネル調査を含む、様々な業務に適しています。また、新規の土工プロジェクトの詳細な分析や、竣工済みの構造物との比較にも活用できます。

C-thrue は、現場まで運びやすくコンパクトで軽量のテレスコープポールと外部コントローラーにより、アクセスが困難な場所や条件下(例えばデッキ下、天井裏、床上、壁など)でも、制約がなく優れた柔軟性を発揮します。

C-thrue の外部コントローラーはリアルタイムのデータ処理とARを介した結果表示によって、より素早く簡単にデータ解釈が可能になり、より効率的な意思決定を支援します。

機能と特長:

  • 必要な機能を網羅した効率的な構造物の探知器
  • アンテナが2組配列されているため、鉄筋の第1層と第2層両方を検知し、PC鋼線、電源ケーブル、および空洞も検出
  • 調査対象構造物の安全なドリル掘削
  • コンクリートを切断または穴をあける前に鉄筋/空洞を自動で分析することで、安全性を向上
  • フル表示可能なマルチタッチ・ディスプレイ
  • 画面表示されたデータは、ハンドルあるいはユーザーの手で隠れることなく全て表示
  • データ解析結果の簡素化
  • 収集したデータを3Dモデル形式で視覚化することによって最適な意思決定をサポート
  • データの精度向上
  • 自動ポジショニングおよびナビゲーション・システム
  • データの高度な視覚化
  • リアルタイムあるいはデータ取得後に、3DデータをAR表示してオペレーター全員で共有が可能
  • 使用場所を問わずフレキシブル
  • あらゆる建設現場に適用可能で、軽量かつ小型で持ち運びしやすいシステム

 

C-thrue - コンクリート内部を見える化する製品の紹介動画

コンクリート内部探知器 C-Thrue は、コンクリート構造物を正確にスキャンするためのオールインワンの地中探査レーダー(GPR)です。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ・サイトに関するご意見

製品の購入やWebサイトに関する問い合わせページです。製品のサポートに関するお問い合わせは、こちらのフォームでは受け付けておりません。お手数ですが myWorld、またはサポートネットワークのページから連絡先を参照していただきご連絡をお願いいたします。