ユニークな Leica Digital Level LS15:画像による照準と自動測定で生産性が確実に向上

Leica LS15 デジタルレベルは、確実に投資を回収できる製品です。

Cover image

このインタビューでは、ライカジオシステムズの新しいデジタルレベルについて、プロダクト・マネージャーのファルコ・ヘニングが説明します。なぜ特に LS15 が投資効果があるのかについて説明します。

Leica デジタルレベル LS10 と LS15 の外観はまったく同じに見えます。価格以外に、この2機種の主な違いは何ですか?

LS10 と LS15 はどちらともプレミアムクラスの整準器です。他社の同等機種製品より秀でた LS15 には、LS10 とは明確に異なる次の2つのユニークな機能を備えています:

  1. デジタルカメラ
  2. オートフォーカス機能

これらの2つの新機能により、生産性が確実に向上します。

それは興味深いですね。もう少し詳しく説明していただけますか?

はい、もちろんです。現場で一人で作業することを可能にする、ロボットによるトータルソリューションとは異なり、精密水準器では未だに現場スタッフが必要です。つまり、優れた自動機器で高速に測量作業を進めることで、現場で作業員の時間を半分に節約することができるのです。

ベルリンの Vermessungs GmbH & Co. KG 社 VLK 部 部長 トーマス・クラウゼ氏 は自身の体験について語ります:

「以前の NA3003 や DNA03 レベルでの作業と比較して、新しい Leica LS15 による水準測量は最大40パーセント高速化することが可能です。カメラビューを表示して照合したり、高速・確実なオートフォーカス機能は現場スタッフの間で評判が良いというだけでなく、測定プロセスを大幅に高速化します。

デジタルカメラやオートフォーカスのない機器を使用したの水準測量はどのようにして行われるのですか?

Leica LS10 のようなデジタルレベル、または従来のレベルのどちらでも、ユーザーは望遠鏡でスタッフを探さなければなりません。ここで合焦ツマミを使用して、望遠鏡の焦点をスタッフに合わせなければなりません。その後、微細な調節をして照準を行います。簡単そうに思えますよね?実際のところ、この作業を何千回も行ってきた熟練した測量士にとっては、これはルーチン作業です。

 

Leica
デジタルカメラを使用せず望遠鏡で照準(左) 。カメラビューによる表示とオートフォーカスを使用した LS15 での照準と測定 (右)。

LS15 ではどのようにして照準し、焦点を合わせるのですか?

LS15 では、望遠鏡を覗く作業は不要になりました。照準後、すぐに測定を開始します。カメラビューを表示してスタッフと十字線を配置するだけで、簡単に照準が行えます。ボタンを押すと、焦点が合わされ、自動的に測定が行われます。

LS15 デジタルカメラとオートフォーカスの利点は何ですか?

特に強調したい利点が3つあります:

  1. 高い生産性
  2. 高品質の計測データ
  3. 現場での快適性・安全性の向上

LS15 が実現する生産性の向上について教えていただけますか?

LS15 は採算が約束されている投資です。他社のレベルとは異なり、LS15 では時間のロスなく対象を見つけて照準と照合を行うことができるため、測定にかかる時間を短縮できます。それぞれは僅かな時間ですが合算すると、測定対象のライン長によっては最大 40 パーセントもの生産性向上へとつながります。より速く測定を行えるだけでなく、より正確な結果を得ることができます。ユーザーは、本来の業務である高い精度で水準測量結果を得ることに集中することができます。

デジタルカメラとオートフォーカスが測定結果の質に与える影響について教えてください。

人は間違いを犯すものです。オートフォーカス機能により自動化されることで、測定プロセスでの人為的なミスがなくなり、作業全体をとおしてのエラーが減少します。これにより、路線測量の繰り返しと、費用のかかる現場への再訪問が回避できます。

快適であることはなぜ重要なのですか?また、LS15 はどのように快適性を向上していますか?

作業が快適に行えると、生産性と安全性が大幅に向上します。従来のレベルを使用して、来る日も来る日も 10 キロ以上にわたって測定を行わなければならない作業を想像してみてください。まず、起伏の多い場所で長距離に渡ってレベルを担ぐことは容易ではありません。それに加えて、望遠鏡を一日中頻繁に覗かなければならないのです。これは、目が疲れるだけでなく、ひどく骨の折れる作業です。LS15 では、ユーザーは望遠鏡を覗く必要はありません。高品質のディスプレイですべてを見ることができるため、快適かつ楽に作業を行うことができます。

Leica

一日中望遠鏡を繰り返し覗く作業はとても疲れる作業です。

最後に、実際に水準測量の経験を持つ人ならお分かりと思いますが、機器のセットアップは疲れるものです。望遠鏡を覗くために、身体を曲げたり、ひざまずいたりしなければならないことがよくあります。LS15 では、面倒なセットアップも問題ではなくなりました。作業員は、ディスプレイ上で確認ができるようになりました。作業員はかがみ込むことなく、立った姿勢で楽に機器を操作できます。

 

Leica
デジタルカメラ機能がない場合の、身体を曲げたりひざまずいたりして行われる照準作業 (左)。LS15 のデジタルカメラとオートフォーカスを利用して、まっすぐ立った姿勢で行われる照準と測定 (右)。

デジタルレベルのこの追加のオート機能は標準になりますか?

はい、市場によっては既にこのトレンドが明らかになっています。

ドイツのライカジオシステムズ地上測量ソリューション営業部マネージャー、アレグザンダー・ゲオルグは、LS15 は大きな成功を収めていると説明します:

「当社のデジタルレベルの新製品 Leica LS10 と LS15 が発売されて以来、非常に多くのお客様がユニークな画像技術を備えた LS15 を選択されています。その理由は明らかです:ほんの少しの差額で購入できる LS15 は、確実に投資以上を回収できる信頼性の高い製品です。デジタルイメージング技術はユニークな技術です。簡単に照準を行えるカメラビューと、測定作業をスピードアップするオートフォーカス機能が備わった LS15 は、大幅に時間を節約することができます。」

Leica

Falko Henning
Product Manager Digital Levels
Leica Geosystems AG (スイス、ヘルブルグ)

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。