マシンガイダンス向け最新パネ ル Leica MCP50/70 の販売を開始

新製品 Leica iCON MCP50 and MCP70 と接続装置Leica スマー トJunction Box SJB2x で現場の生産性を向上

MCP50/70

【2022年8月2日 東京】 計測テクノロジー業界のリーダーであるライカジオシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比孝典)は、油圧ショベルブルドーザー、およびグレーダーの 2D ガイダンス向けのパネル Leica iCON MCP50 and MCP70 (以下MCP50 & MCP70)と、接続装置 Leica スマートJunction Box SJB2x (以下 スマート Junction Box)について、本日から日本国内で販売開始することを発表しました。

最新の5インチと7インチの MCP50 & MCP70 パネルは、非常に明るいマルチタッチスクリーンディスプレイを搭載し、昼夜問わずあらゆる光条件下で優れた視認性を提供します。 それぞれの重機用ソフトウェアは、パネルから直接ではなく、新しいスマートJunction Box 内で動作するため、既にご使用いただいている2Dガイダンスシステムの各センサーを入れ替えることなく、パネルの取付けが可能です。
スマート Junction Box は、センサー並びにパネルなど接続されているすべてのコンポーネント間の電源と通信を分配する主要な接続装置です。 MCP50 & MCP70 パネルの発売に伴い新たに導入し、2種類のバリエーションで展開します。
「2つのサイズから選べるこの新しいフルタッチパネルは、従来のパネルのように特定のボタンに合わせた動作設定にとらわれない新たなソフトウェア開発の可能性を広げます。ソフトウェアやキャリブレーションを実行するスマートJunction Boxは、既存のデザイン言語はそのままで、今後ますます求められる2Dマシンガイダンスの柔軟性と高い性能をサポートします。」とライカジオシステムズ株式会社代表取締役社長の日比は述べています。ライカジオシステムズでは、将来にわたって持続可能な高品質の製品を提供し続けることができるよう、ユーザーのニーズと市場動向に基づいて進化できるソリューションを構築しています。


MCP50 & MCP70の特徴

  • 5インチ、7インチサイズのパネル
  • タッチスクリーン
  • 高輝度
  • 夜間モード対応
  • スマート Junction Box に全ての機械設定とキャリブレーションを保存可能

スマートJunction Boxの特徴

  • 2種類のバリエーション
    • 油圧ショベル用(SJB21)ブルドーザー
    • グレーダー用(SJB22)
  • 重機に関するすべての機械設定とキャリブレーションの保存が可能
 

Leica Geosystems – when it has to be right
およそ200年にわたり計測・測量の製品および技術で変革を生んできたHexagon のグループカンパニーであるライカジオシステムズは、世界中のプロフェッショナルに向けてトータルソリューションを開発しています。革新的な製品とソリューションの開発で知られているライカジオシステムズは、地理空間情報の利活用において、航空宇宙、防衛、安全、セキュリティ、建設、製造など、実に多岐にわたる業界のプロフェッショナルから信頼を得ています。ライカジオシステムズは高精度で正確な機器、洗練されたソフトウェア、そして信頼できるサービスで、社会の発展に貢献していきます。

Hexagonは、センサー、ソフトウェア、自律型ソリューションのグローバルリーダーです。当社は産業、製造、インフラ基盤、セーフティ、モビリティの分野で効率、生産性、および品質を高めるためにデータを活用しています。

当社のテクノロジーは、都市エコシステムと生産エコシステムの繋がりと自律性を促進し、発展性のある持続可能な未来を創造します。
Hexagon (Nasdaq ストックホルム:HEXA B) は世界50カ国に約22,000人の従業員を擁し、総売上高は約43億ユーロです。

詳細についてはhexagon.comをご覧ください。 SNSアカウント@HexagonABをフォローください。

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。
世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。