プリズム

最大の精度および測距範囲

プリズム
プリズムの測定範囲は、特にコーティングとガラス形状の影響を受けます。ライカジオシステムズのオリジナルのプリズムの多くは、反射面に特別なコーティングを施しています - 反射防止コーティングと裏側に銅メッキ処理をしています。これらを行わない製品では、距離測定、ATR およびパワーサーチの範囲が最大 30% 縮小してしまいます。銅メッキ処理は耐久性向上につながり、製品寿命を延ばす上で非常に重要です。ガラスの大きさ、ホルダー内の位置、面の向きは、計測精度にとって重要です。

透明性の高い選択
ライカジオシステムズは様々な種類の用途のために、分かりやすい大小各種のサイズのプリズムを提供しています。標準プリズム、特殊プリズム、ミニ・プリズム、モニタリング・プリズムを取り揃えています。

Professional 5000:最高精度
Professional 3000:製品寿命を最大化
Professional 1000:コスト効率に優れた計測

センタリング精度
オリジナルのプリズム・ホルダーを使用しない場合、測定誤差が生じます。ライカジオシステムズの基準に合わない代替製品では、往々にしてプリズムとホルダーおよび記録するピンの間でズレが生じます。ホルダーとプリズムは一つのユニットを構成し、センタリング精度とリピート精度が定義されます。ガラスプリズムの形状やホルダーの極めて小さな寸法変更でも、中心からの偏差につながり、計測に誤差が生じる恐れがあります。

測距範囲
プリズムのビーム偏差は、その最大到達距離を定義します、原理によれば、「入力ビームは出力ビームと等しくなるべきです。」ビーム偏差(角秒)が小さいほど、反射信号は強くなります。戻る信号の品質は、計測距離の最大範囲を定義します。

製品寿命
多くの従来型プリズムとは対照的に、 オリジナルのプリズム の裏側の反射銅メッキは、コーティング、真空蒸着銅メッキ、保護塗装およびラッカーの重層から成ります。特殊接着剤ラッカーは下の層を腐食や剥離から保護します。このような処理によって、銅メッキおよびラッカーはプリズムの寿命を大幅に延ばすことができます。プリズムの繊細な前面に反射防止コーティング処理を行うと、引っ掻き傷に対する高い耐性が生まれます。これらのコーティングの 製造プロセスは、非常に複雑なため、当社オリジナルのプリズムの要件を満たすメーカーは世界中でわずかしかいません。

測定精度
プリズムの正面は一定量の信号を常に直接反射するため、反射防止コーティングのないプリズムを使用した場合、近距離で頻繁に測定誤差が生じます。  湿気や小滴が蓄積してプリズムが曇った際に、裏側に銅メッキが施されていないプリズムを使用すると、エラーが生じます。したがってライカジオシステムズでは、規定の反射コーティングあるいは特許取得システムのいずれかで、曇りや結露を防止しています。

Original Accessories

Benefit from the quality, precision and reliability of Leica Geosystems original accessories.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。