整準盤

お客様の用途に最適な整準盤

ライカジオシステムズの整準盤

三脚の安定性と同様に、整準盤の安定性も測定精度に大きく影響する要因です。 製造時には、整準盤の重要な基準であるねじれ剛性を常にコントロールし、テストを実施しています。 当社の整準盤のメンテナンスフリーの整準ネジは、常にスムーズな動きを実現し、長期間にわたって使用できるよう設計されています。 本体のベースプレートのサポート部分の正確なアライメントによって、非常に高い精度のセンタリングが保証されています。 光学求心器も非常に堅牢な設計になっており、製品寿命の期間にわたって整準盤の調整はほぼ不要です。 専用設計された整準盤は、高温、ホコリの多い現場、高い湿度の測定環境も含め、あらゆる用途で使用できます。

オリジナル製品のねじれ剛性
機器を停止してから、整準盤がその開始位置へ戻るときの精度は、ねじり剛性またはヒステリシスと呼ばれます。 ヒステリシスは、TPS の回転によって生じる、整準盤のトッププレートとベースプレートの間の相対的な変化です。 ヒステリシスは、機器の角度精度に直接影響します - ここが当社製品の特長です。 ヒステリシスの最適化は複雑で、また極めて高い精度が要求されます: 上部プレートが下部プレートに対して 0.3μm 移動すれば、1" の角度誤差が生じてしまいます。 特にモーター駆動の機器は、加速およびブレーキ出力が高いため、非常に高いねじり剛性を備えた整準盤が求められます。

お客様の用途に最適な整準盤
オリジナルの整準盤は、すべて当社の厳格な仕様および製品規格に適合しています。 お客様個別の精度要件に沿って選択することが理想的です。

Professional 5000: 最大ヒステリシスは 1" (0.3 mgon) またはそれ以下
Professional 3000: 最大ヒステリシスは 3" (1.0 mgon)
Professional 1000: 最大ヒステリシスは 5" (1.5 mgon)

GDF321 GDF322

Professional 5000シリーズの整準盤のヒステリシスは、最大で1" (0.3 mgon)またはそれ以下です。 整準ネジは手入れ不要で劣悪な環境下でもスムーズな動きをします。 このシリーズの整準盤は測角精度3"以下を要するような業務に最適となります。 また、最小限にヒステリシスを抑えたことで Professional 5000 シリーズはモータ駆動のトータルステーションに向いています。

GDF311 GDF312

Professional 3000シリーズのヒステリシスは最大で3"(1.0 mgon)です。 手入れ不要の整準ネジは直径が大きくなっています。 作業用手袋をしていても、わずかな調整も可能です。 このシリーズは、測角精度が5" から 7"およびのマニュアル式トータルステーションやGNSS基準局および後視点と基準点の計測に最適です。

GDF301 GDF302

Professional 1000シリーズのヒステリシスは最大で5"(1.5 mgon)です。 一般的な作業環境で使用する場合には、GDF101およびGDF102がコストパフォーマンスに優れています。 このシリーズは、測角精度が7"のマニュアル式トータルステーション や1周波のGNSS基準局に向いています。

詳細情報に関しては、アクセサリーカタログをご覧ください

透明性の高い選択

ライカジオシステムズは、異なる要件に対応する3つのシリーズのオリジナルアクセサリーを提供しています。Professional 5000, Professional 300 and Professional 1000

品質

価値あるアクセサリー

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。