Leica JetStream Enterprise - 迅速な管理、ビッグデータの表示

常に無制限の点群数

Leica JetStream Enterprise HDS 点群データ・ソフトウェア

Leica JetStream EnterpriseはCADシステムの点群データ作業にスピード、大規模対応、そしてシンプルな操作を実現します。

JetStream Enterpriseを使用すれば、すべての点を超高速にレンダリングすることが可能になり、好みのCADシステムから、大きな点群データセットでもシームレスに作業ができます。

Leica CloudWorx プラグイン・スイートを使用してプロジェクトの点群データに容易にアクセスすれば、 使い慣れたCADのインタフェースおよびプロジェクトのエコシステムを通して、直観的に点群データを扱うことができ、 短いの習得時間で作業が行えるようになります。

集中型データストレージおよびアクセスにより、エラーが起きやすい複製コピーなどの無駄な作業の発生をなくし、バックアップワークフローを簡素化し、データ管理を効率的に行い、作業時間と費用を節約することができるため、チームによる共同作業が合理化されます。

高速およびシームレスなレンダリング
ライカジオシステムズ独自のJetStream技術は、データセットをナビゲートして超高速で点群データのレンダリング処理を行い、多くの点を即座にかつ無制限に表示できます。ズーム、パン、およびクリップの操作時にレンダリング処理によって発生する煩わしいタイムラグを排除することによって、JetStreamは作業時の混乱を避け、ユーザーの理解促進と生産性を向上します。

小さなストレージでビッグデータに対応するスケール
Leica JetStream Enterprise はビッグデータ・ユーザーを念頭に置いて設計されています。JetStream Enterpriseは、CADシステム内で膨大になり続けている点群データ使用時の生産性についての課題も克服します。従来の記憶装置と比較し、1/5から1/10にファイル・サイズが小さくなったため、JetStream Enterpriseなら、ストレージ費用を節減できます。

最っとも大きなデータセットでも瞬時にレンダリングを行い、点群データの忠実度を極限まで高めることができます。レンダリングで精度を犠牲にせずに、全てのデータに基づいた情報を前提にして意思決定をするべきです。

JetStream Enterpriseサーバーでは、Cycloneから点群データを直接受信し、データ・リポジトリで容易に管理できます。そしてCloudWorx プラグインを介して、これらのデータ・リポジトリをCADユーザーが直接利用できます。

バックエンド側でコンフィグ設定が可能な堅牢なサーバーは、フロントエンド側からはほぼ何も見えず、データ管理と転送に関して意識する必要がないため、極めて生産的です。

シンプルなワークフロー、共同作業、およびバックアップ
JetStream Enterpriseの合理化されたプロジェクト管理により、直観的なLeica CloudWorx プラグインを通して好みのCADシステムで直接作業が可能になり、点群データの詳細な専門知識の必要性をなくします。集中型データストレージおよびアクセスにより、エラーが起きやすい複製コピーなどの無駄な作業の発生をなくし、バックアップ作業を簡素化し、データ管理を効率的に行い、作業時間と費用を節約することができるため、チームによる共同作業が合理化されます。

Case Studies

Read how customers from around the world are putting our diverse solutions into action to shape smart change.

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。