Leica DS2000 – デュアル周波数地中レーダー探査システム

2種類の周波数で埋設管、地下空洞を最適に探査

Leica DS2000 - 地下インフラ設備探査レーダー

Leica DS2000は、2種類の周波数(250MHz/700MHz)のアンテナを備え、浅い部分と深い部分を最適な分解能でとらえることができるデュアル周波数地中レーダー探査システムです。システムは、マップの概念を備えており図面画像やグーグルマップのレイヤーを重ね合わせることができ、スキャンラインもマップ上に表示されます。解析の際にマップからスキャンラインをクリックして該当の波形図を表示することができます。これにより地下埋設管、地下ユーティリティ、空洞などの位置を確認しながら分析を行うことができます。

また、グリッドでスキャンしたデータをマップ上で合成した2Dトモグラフィ(断層画像)で表示し、確認したい場所の波形図もすぐ表示できます。2Dトモグラフィマップは波形図とは違い全体像がわかりやすく、レポートに使用することで地中探査・埋設物調査の顧客満足度の向上を図ることもできます。

主な特長
  • 2種類の周波数(250MHz/700MHz)アンテナを搭載し、同時に浅い部分と深い部分の最適な探査が可能
  • 地中レーダー探査を行うソフトウェアだけで埋設物探査、解析、レポート作成まで対応
  • グリッドでスキャンしたデータを2Dのトモグラフィ(断層画像)と波形図の同時表示で、解析の効率化
  • Googleマップ、画像ファイル(TIF, TIFF)などのレイヤー取り込み対応
  • Leica GNSS、トータルステーションと連携でのマッピング対応
  • パイプ・トラッキング機能で、波形画像から双曲線を指定して配管ルートを自動追跡し解析の効率化
  • 専用カメラとの連携で現場画像を同時保存し、解析時に状況確認

地下埋設物探査とマッピング・ソリューション

現場用タブレット端末CT1000とGNSS、Leica Zeno FLX100またはLeica GG04 plusを組み合わせて座標参照システムと互換を持つ配管マップを生成することができます。また、DD SMARTシリーズケーブル・ロケータを組み合わせて使うと、配管ルートの特定を素早く効率的に行うことができます。

直ぐに使用開始
Leica DS2000およびほかの探査ソリューションの詳細については、当社までお問い合わせください。

 

ライカジオシステムズへのお問い合わせ

販売、サポートおよび 技術サービスについてのお問い合わせ先はこちらからご覧いただけます。
販売、サポートおよび 技術サービスについてのお問い合わせ先はこちらからご覧いただけます。

お問い合わせ・サイトに関するご意見

製品の購入やWebサイトに関する問い合わせページです。製品のサポートに関するお問い合わせは、こちらのフォームでは受け付けておりません。お手数ですが myWorld、またはサポートネットワークのページから連絡先を参照していただきご連絡をお願いいたします。
製品の購入やWebサイトに関する問い合わせページです。製品のサポートに関するお問い合わせは、こちらのフォームでは受け付けておりません。お手数ですが myWorld、またはサポートネットワークのページから連絡先を参照していただきご連絡をお願いいたします。

Detection Solutions

Leica Geosystems Detection Solutions provide the most streamlined and integrated detection process in the field, covering avoidance, verification and mapping workflows combined with positioning systems and machine control.
Leica Geosystems Detection Solutions provide the most streamlined and integrated detection process in the field, covering avoidance, verification and mapping workflows...