どのような仕組みなのですか?どのような違いがあるのですか?

世界で最も速く最も使いやすいGNSS RTKローバー

Leica GS18 T

GS18 Tは、杭打ち作業を、かつてなく、より速くより便利にします。GS18 T で測位や杭打ちを行う場合、ポールを垂直にする必要はありません。文字通りに「気泡を忘れる」ことができます。(#ForgetTheBubble) ライカジオシステムズ GNSS Business DirectorのBernhard Richterとの新製品に関するQ&Aに続いて、ライカジオシステムズのApplication EngineerのPaul Daintyとのインタビューでは、新しいLeica GS18 Tの使用方法と作動の仕組みについて、より深い分析と紹介を行います。

GS18 T は、他の製品と何が違うのですか?どのような仕組みなのですか?

Leica GS18 T は、計測ごとに磁力計を使用せずにポールの傾斜を修正する点が、市場の他の製品とは異なります。磁力計は、乗り物、鉄製フェンス、梁、あるいは鉄筋コンクリートなどの金属に影響を受けます。これらはすべて、建設現場に頻繁に存在します。正確で信頼できるチルト値を提供するためにライカジオシステムズは、アプリケーション固有の強力で軽量の慣性マイクロユニット(IMU)を開発しました。このユニットが、GNSSアンテナに組み込まれています。これは、リアルタイムの傾斜補正の不要機能が、IMUチルトとその方向値とGNSSデータを組み合わせます。磁力計に基づいたGNSSアンテナとは異なり、GS18 Tは傾斜補正の調節は不要で、金属の干渉も受けません。

都市のビル街の谷間や、密集した森林地帯のような困難な環境条件での測定性能はどのようなものですか?

Leica Viva GS16のようにLeica GS18 Tは、高性能のセルフラーニング機能搭載 GNSS スマートアンテナです。RTKplus機能と順応性の高い計測エンジンで、最適な信号の組合せを自動的に選択して、建設現場にいる測量士に正確な位置情報を提供します。さらに、GS18T では将来的なニーズに対する装備もしています。555のチャネルを備え、Glonass、Galileo、BeiDouあるいはQZSSなど、全世界のすべての主要GNSSシステムの信号を追跡することができます。

傾斜補正が不要な機能を使う場合、測定精度はどれくらいですか。?

精度は多くの要因に依存します。まず初めに、GNSS位置の精度があります。特定のRTKソリューションを見てみると、GS16と同様です- 典型的に8 mm + 1 ppm(一つの基線長さ)Hz、および15 mm + 1 ppm(一つの基線長さ)Vとなります。チルト測定の精度は、チルト精度とチルト方位の精度によって変わります。チルト精度は通常、0°12'00"より良くなり、チルト精度の方位は通常、1°00'00"より良くなります。これはポールの長さが1.8メーター超の場合、30°の傾斜角でポールの先端のチルト精度は20mmより良くなります。この精度は、ポールを垂直にするために従来の 20’ 水平気泡管を使用したGNSSポールよりも、通常は精度が高くなります。

ポールが30°以上に傾けられた場合、測定の精度は2つの理由から低下します:

  1. 傾斜角が大きくなると方位のチルト精度により高いインパクトがおよび、チルト精度が低下します。
  2. 傾斜角が大きくなることでアンテナが幾つかの衛星を見失いはじめるため、GNSSの測位品質が低下します。

Leica Captivate の測位品質インジケータは、GNSSの測位品質と傾斜角の品質を組み合わせたもので、つまりポールの先端の精度を示します。

Leica GS18 T

0.0175メーターのポールの先端精度を、Leica Captivate v3.0 のフィールド画面で表示

杭打ちも傾いたポールで行えますか?

はい、傾斜補正が不要な機能は全てのCaptivateアプリで測定に使用でき、杭打ち作業がより迅速に、より便利に行えるようになります。従来のGNSS機器で杭打ちをする場合、異なる複数の動作を同時に行わなければなりませんでした。

  • 画面上の指示を見て理解する
  • 指示に従いポールの方向を変更し移動させる
  • ポールを垂直を保持する。

この、ポールを垂直に保持する動作はもはや必要ありません。GS18 T と新しいCaptivate v3.0で杭打ち作業は大幅に簡素化され、完全に新しい動作に変わりました。傾いたポールの情報およびセンサーの向きの情報を利用して、直観的な3次元の杭打ち指示に従うだけで、杭打ち点への到達がはるかに簡単になりました。

Leica GS18 T

杭打ちが劇的にシンプルに:強力で直観的な3Dビュアーで、杭打ち点への誘導がより簡単になりました。

「以前に測定できなかった接近が困難な箇所の測定が可能に」とはどういうことですか?

従来のGNSS RTKローバーでは、ビルの隅のような測点、壁、フェンス、街灯、または自動車のような障害物の真下の測点は、垂直のポールで直接計測することができませんでした。例えばビルの隅を測定するときは、近くの点を測定し、測点にオフセットを適用するか、トータルステーションような代替方法で測定していました。しかしながら、いずれの代替方法でも時間がかかり、生産性が下がってしまいます。GS18 Tでは、ポールを傾けることができ、ポールの先端が隅に容易に速く届くため、ビルの隅を直接測定することができます。これまで測定が困難だったすべての他の測点でも同じことが言えます。GS18 Tで、より簡単に、より迅速に測定できるようになります。

さらに理解を深めていただくために、GS18 Tハウツー動画をご覧ください:

ビルの隣での測定は精度に影響を及ぼしますか?

非常に多くの人が疑問に思う点で、よい質問です。ビルの隣で測定する場合、マルチパスが増幅し、空の視界の一部がビルによって遮られ、利用する衛星の数が減ります。これはGNSSにとって困難な状況です。RTKplusテクノロジーを装備したGS18 Tは、セルフラーニング機能搭載によってセンサーが自動的に最良の信号を使用し、位置を計算するために、マルチパスの信号を大幅に緩和します。センサーが十分な衛星を追跡できる限り、RTKの位置が計算され、GNSSの測位品質が表示されます。したがって、精度は空が遮られていない場合よりも低下することがありますが、GNSSの測位品質の表示は信頼できるため、どのような精度で測定しているか常に認識しながら作業が行えます。

どこで新しい Leica GS18 T を試せますか?

最寄り地域の当社の担当者か販売代理店に、デモの実施をご依頼ください。

Paul Dainty

Paul Dainty
Application Engineer at Leica Geosystems

Leica GS18 T

Immune to magnetic disturbances and calibration-free – no need to level

Immune to magnetic disturbances and calibration-free – no need to level

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。