Leica LiDAR Survey Studio™

エアボーン LiDAR センサーデータを完全に処理

Leica LiDAR Survey Studio ソフトウェア

Leica LiDAR Survey Studio™ (Leica LSS) は、Leica HawkEye III、Chiroptera II、DragonEye システムが取得したデータによる点群データの生成と LiDAR 生データのクリーニングを行う最新ソフトウェアです。

Leica LiDAR Survey Studio は、複数のフライトミッションの処理と、すべてのセンサーチャンネルのデータの同時レビューを可能にする機能拡張ソフトウェア・ツールボックスです。つまり、点群データと同じ位置で取得した画像の他に、深い海底の測量データ、沿岸・地形の LiDAR データを同時にレビューできるということです。

Leica HawkEye™ III、 Chiroptera™ II と DragonEye システムが取得した生データの後処理では、ウェーブフォームデータから LiDAR データの抽出、ナビゲーション後処理ソフトウェアの使用による位置データ、および基準局からのデータの改善を実行します。

さらに、Leica LiDAR Survey Studio™ソフトウェアは様々なツールボックスを提供します:

  • 測量データと地形標高データの分析
  • 点群データと画像の同時レビューができるマルチセンサー・ウィンドウ
  • ウェーブフォームの視覚化
  • 点群データのフルウェーブフォーム・レビュー
  • 海表面の自動検出
  • 点群データおよびナビゲーションデータの自動キャリブレーション
  • LIDAR データの自動分類
  • データ品質チェック
  • 水の部分と海底部のパラメーター推定値
  • データクリーニング・プロセスの決定をサポート
  • 点群データ・クリーニングとエクスポートプロセスのための様々なツール

点群データの向上および様々なエンドユーザー・プロダクトの生成のため、Leica LiDAR Survey Studio™ にはエクスポート機能があり、データはサードパーティ製のデータ処理ソフトウェアと互換性があります。

Leica LiDAR Survey Studio™

Leica LiDAR Survey Studio™ (LSS) 後処理ソフトウェアスイートは、センサー・フュージョン、および後処理の生産性向上にとって大きな進歩です。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。