Leica HxMap マルチセンサー・ワークフロー

直観的な操作によるエアボーン用高速後処理ワークフロー

ライカジオシステムズ エアボーン・システム - ソフトウェア - HxMap

従来の用途、あるいは近年需要が増しているナビゲーションや位置情報に基づくアプリなど、最新のジオスペーシャル情報へのニーズを満たすには新たなデータ処理のアプローチが必要になります。つまり、広いエリアの情報をできるだけ短時間で更新しなければなりません。世界で最も生産性の高い、真のナンバーワンのエアボーン・センサーは、効率的で速いデータ処理ワークフローがベースになっています。

統合された高性能マルチセンサー・ワークフロー・プラットフォーム HxMap の導入で、ライカジオシステムズは業界が待ち望んでいた、迅速で直観的かつ効率的な後処理プラットフォームを提供します。これにより、既存のすべてのデータ製品を1つのインターフェースで生成することができます。

  • 時間とコストを節約
    シンプルなユーザーインターフェースを1つ覚えるだけで、既存のエアボーンデータを生成することができます。ソフトウェアから別のソフトウェアにデータを転送させる必要がなく、初めから終わりまで1つのワークフローで処理できるため時間を節約できます。
  • 従来にないデータ処理能力
    業界で最速のデータ処理能力により、どのような大容量のデータも1つの後処理インターフェースで効率的に処理します。
  • 様々なニーズに対応
    必要なソフトウェアライセンスだけを追加して特定の用途のニーズに対応する柔軟なモジュールプラットフォームで後処理ワークフローをカスタマイズできます。

Leica HxMap 共通の後処理プラットフォームは、ニーズに応じて次のモジュールを提供します:

HxMap とは
データのダウンロードから QC の生データ、基本データ管理まで、Leica HxMap は入力データに基づいてセンサー特有の処理ステップを直観的にガイドします。すべてのセンサーのラジオメトリック処理と空中三角測量のフルワークフローが利用できます。

さらに、HxMap プロダクト・ジェネレーターは、多くのプロダクトをボタン操作で生成します: 基準画像、オルソ画像、情報クラウド、点群および、将来的には* 大きなオルソフォト、モザイクを生成できます。

これらの機能は、大規模オブリークプロジェクト、国全体をカバーするオルソフォト、あるいは同様に LiDAR  マッピングや小規模の土木プロジェクトにも適切なソリューションを提供します。

データ収集 + データ処理 = エアボーン・リアリティキャプチャ
データの取得と後処理を統合し高い効率を実現HxMap は個々のセンサー・タイプに対して有効です。成果品を柔軟に生成するため、スケーラブルで、アプリケーションそれぞれに対応するソフトウェア・モジュールが Leica RealCity、Leica RealWorld、Leica RealTerrain とバンドリングされています。

RealCity はスマートシティおよび 3次元都市モデル化アプリケーションをサポートします。RealWorld は、Leica RCD30 と Leica DMC III 大規模イメージングの2Dプロジェクト向けに開発されました。Leica RealTerrain は LiDAR マッピングに特化して開発されました。

 

Leica HxMap

 


Single Photon LiDAR

The logical next step in airborne LiDAR mapping? How to capture data up to 10 times more efficiently.

Leica RealCity Webinar

Urban mapping made easy with new generation airborne sensor technology.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。