Leica SPL100 シングルフォトン LiDAR センサー

100本のビームによって広いエリアの LiDAR データを低コストで取得

Leica SPL100 シングルフォトン LiDAR センサー

Leica SPL100 は、広いエリアのテレインマッピング・プロジェクトに最適なシングルフォトン LiDAR エアボーンセンサーです。このシステムは 80 MP RGBN カメラを搭載して毎秒 600万点を計測し、昼夜、リーフオン / オフを問わず、あるいは植物が茂った状態でも、信頼できる結果を提供します。

SPL100 は、(飛行高度によって) 1 sqm 当たり 12 - 30 点を取得して高密度の点群データを生成し、次のような半浸透性の視界を遮るものも貫通します:

  • 植生
  • 地上の霧
  • 薄い雲

SPL100 シングルフォトン LiDAR で取得した情報は、次のような広い範囲で高密度で点群データが必要となる用途に特に有効です:

  • 国および州全体のマッピング
  • 防災計画
  • 危機管理
  • 森林管理
  • 洪水マッピング
  • 土壌侵食管理

Leica SPL100 のシングルフォトン LiDAR はライカジオシステムズの最新のエアボーン・リアリティキャプチャ・ソリューション Leica RealTerrain の一部で、直観的で高性能なマルチセンサー、処理ワークフロー HxMap と革新的なセンサー技術を融合しています。

優れた効率
シングルフォトン LiDAR センサーは、広いエリアを対象とした効率の高いマッピングを実現し、1点あたりのコストを最も低く抑えます。100本の出力ビームを使用して、毎秒600万点以上を取得する SPL100 は、これまでの LiDAR センサーのおよそ10倍の効率を実現します。

高速処理

SPL100 は、ハイパフォーマンス マルチセンサー LiDAR と画像後処理ワークフロー HxMap を併用します。ソフトウェアの利点:

  • 高い処理能力
  • ワークステーション1台による処理の限界を排除
  • データ生成を加速
  • トレーニング・コストを削減

SPL100 と HxMap を併用することで Leica RealTerrain はどのような大規模な LiDAR マッピングプロジェクトにも技術的な基礎を提供します。境界を越えて相互作用が起こる、ますます繋がっていく世界では、信頼できる情報と包括的な情報を元に判断を下すことが重要です。十分な情報に基づく決定は、すぐに利用できるテレインと標高データの準備から始まります。このセンサーは、大きなテレインエリアおよびエコシステムをシームレスに取得し視覚化します。

 

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

Leica RealTerrain

Complete solution for large area terrain mapping to capture high-density point clouds.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。