リフレクター

最大の精度および測距範囲

リフレクター
プリズムの測定範囲は、とりわけのコーティングとグラス・ジオメトリーの質・性能に依存します。ライカジオシステムズの多くのオリジナルのプリズムは、反射表面に特別なコーティングがされ - 反射防止コーティングおよび銅メッキ処理が裏側に施されています。これらを行わない製品では、距離測定、ATRおよびパワーサーチの範囲が最大30%縮小してしまいます。銅メッキ処理は耐久性向上につながり、製品寿命を延ばす上で非常に重要です。 ガラス局面、ホルダー内の位置、向きは、測定精度を高める上で大切な要素です。

解りやすい選択肢
ライカジオシステムズは、さまざまな種類の用途のために、解りやすい様々なサイズのプリズムを提供しています。標準プリズム、特殊プリズム、ミニ・プリズム、モニタリング・プリズムを取り揃えています。

Professional 5000:最高精度
Professional 3000:製品寿命を最大化
Professional 1000:コスト効率に優れた計測

センタリング精度
オリジナルのプリズム・ホルダーを使用しない場合、測定誤差が生じます。代替製品はライカジオシステムズの基準に従って構成されておらず、しばしばプリズムとホルダーおよび記録ピンの間でずれを示します。ホルダーとプリズムは一つのユニットを構成し、センタリング精度および繰返し精度が定義されます。ガラスプリズムの形状やホルダーの極めて小さな寸法変更でも、中心からの偏差につながり、計測に誤差が生じるおそれがあります。

測距範囲
プリズムのビーム偏差は、その最大到達距離を定義します。原理によれば、「入力ビームは出力ビームと等しくなるべきです。」ビーム偏差(秒)が小さいほど、反射信号は強くなります。戻る信号の品質は、計測距離の最大範囲を定義します。

製品寿命
多くの従来型プリズムとは対照的に、オリジナルのプリズムの裏側の反射銅メッキは、 コーティング、真空蒸着銅メッキ、 保護塗装およびラッカーの重層から成ります。特殊接着剤ラッカーは下の層を腐食や剥離から保護します。これらをあわせて、銅メッキおよびラッカーは、プリズムの寿命を著しく延長させます。プリズムの繊細な前面に反射防止コーティング処理を行えば、スクラッチ傷に対する高い耐性がつきます。これらのコーティングの生産 プロセスは非常に複雑なため、世界中でもわずかな製造元だけが、当社オリジナルのプリズムの要件を満たせます。

測定精度
プリズムの正面が常に一定の割合の信号を直接反射するため、反射防止コーティングを施していないプリズムを使用した場合、近距離では頻繁に測定誤差が生じます。 湿気や小滴が蓄積してプリズムが曇った際に、裏側に銅メッキが施されていないプリズムを使用すると、エラーが生じます。したがって、ライカジオシステムズでは、規定の反射コーティングまたは特許取得システムのいずれかで、曇りや結露を防止しています。

Original Accessories

Benefit from the quality, precision and reliability of Leica Geosystems original accessories.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。