プリズム

最高の精度および測距範囲

プリズム
プリズムの測定範囲は、特にコーティングとガラス形状の影響を受けます。 当社オリジナルのプリズムの多くは、反射面に特別なコーティングを施しています - 反射防止コーティングと裏側に銅メッキ処理をしています。 これらの処理を施していない製品では、測距、自動追尾およびパワーサーチのサポート範囲が30% 近く減少してしまいます。 銅メッキ処理は耐久性向上につながり、製品寿命を延ばす上で非常に重要です。 ガラスの大きさ、ホルダー内の位置、面の向きは、計測精度にとって重要です。

豊富な選択肢
当社は多種多様な用途に向けて、大小各種のサイズのプリズムを提供しています。 標準プリズム、特殊プリズム、ミニ・プリズム、モニタリング・プリズムを取り揃えています。

Professional 5000: 最高精度
Professional 3000: 最長製品寿命
Professional 1000: コスト効率の良い計測作業

センタリング精度
純正のプリズムホルダーを使用しない場合、計測誤差が発生します。 当社の規格に適合していない代替製品を使用した場合、往々にしてプリズムとホルダーおよび記録するピンの間でズレが生じます。 ホルダーとプリズムは一つのユニットを構成し、センタリング精度とリピート精度が定義されます。 ガラスプリズムの形状やホルダーの極めて小さな寸法変更でも、中心からの偏差につながり、計測に誤差が生じる恐れがあります。

測距範囲
プリズムのビーム偏差により、最大到達距離が決まります。その原理は、「入力ビームは出力ビームが等しく」なることです。 ビーム偏差(角秒)が小さいほど、反射信号は強くなります。 返される信号品質によって、最大測距範囲が決まります。

製品寿命
多くの従来型プリズムとは対照的に、 当社オリジナルのプリズム の裏側の反射銅メッキは、コーティング、真空蒸着銅メッキ、保護塗装およびラッカーの重層から成ります。 特殊接着剤ラッカーは下の層を腐食や剥離から保護します。 このような処理によって、銅メッキおよびラッカーはプリズムの寿命を大幅に延ばすことができます。 プリズムの繊細な前面に反射防止コーティング処理を行うと、傷に対する高い耐性が生まれます。 これらのコーティングの製造 プロセスは、非常に複雑であるため、当社オリジナルのプリズムの要件を満たせるメーカーは世界中でわずかしかいません。

計測精度
プリズムの正面は一定量の信号を常に直接反射するため、反射防止コーティングのないプリズムを使用した場合、近距離で頻繁に計測誤差が生じます。 湿気や小滴が蓄積してプリズムが曇った際に、裏側に銅メッキが施されていないプリズムを使用すると、エラーが生じます。 したがって当社では、規定の反射コーティングあるいは特許取得システムのいずれかで、曇りや結露を防止しています。

様々な用途に最適なプリズム
当社は多種多様な用途のために、大小各種のサイズのプリズムを提供しています。 標準プリズム、特殊プリズム、ミニ・プリズム、モニタリング・プリズムを取り揃えています。

最高精度

プリズムは1 ㎜未満のセンタリング精度と、2"未満のビーム偏差により最大測距範囲を達成できます。

製品寿命を最大化

一般的な動作距離を考慮して最適化されたこれらのプリズムは、 最大8"までのビーム偏差を示します。他社製品とは違い、当社のプリズムに特殊なコーティングを施すことにで、製品寿命が平均以上に長くなります。

コスト効率の良い計測業務

優れたコストパフォーマンスを実現する1000シリーズは、当社の厳格なプロセスコントロールを満たし、ユーザーが求める製品寿命を提供します。

詳細情報に関しては、アクセサリーカタログをご覧ください

透明性の高い選択

ライカジオシステムズは、異なる要件に対応する3つのシリーズのオリジナルアクセサリーを提供しています。Professional 5000, Professional 300 and Professional 1000
ライカジオシステムズは、異なる要件に対応する3つのシリーズのオリジナルアクセサリーを提供しています。Professional 5000, Professional 300 and Professional 1000

品質

価値あるアクセサリー
価値あるアクセサリー

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。
セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。