Leica Cyclone 3DR - オールインワンの成果物作成用ソリューション

短時間でプロフェッショナルな成果物を作成

Leica Cyclone 3DR は、現場でデータを収集する Cyclone FIELD 360 と、取得した点群データを合成する Cyclone REGISTER 360 とシームレスに連携し、成果物を作成するための Cyclone 製品ファミリーの一部です。   

また Cyclone 3DR は、自動的に点群データ分析とモデル化をおこなう機能と、大量の点群データの一元管理を可能にする Leica JetStream の技術を融合し、測量、建設、検査、およびタンク点検業務に適した、シンプルでワークフローベースのソフトウェアです。 多くのソフトウェアは専門的な成果物を作成するために、一種類のワークフローに機能が限定されていますが、Cyclone 3DR は幅広く柔軟な検査ツールとメッシュ作成機能を搭載し、多様な3Dの成果物や報告書の作成を実現します。

次世代型でシンプルなデザインをベースにした Cyclone ファミリー製品の Cyclone 3DR は、新規ユーザーでも経験豊富なユーザーでも、インポートから分析、そしてパブリッシングまでを直観的かつ容易におこなうことを可能にします。 一般的なタスクを自動化することで、予期しないプロジェクトの遅延を減らし、迅速に実用的な情報をクライアントに提供できます。



主な特長

  • JetStream または業界標準のフォーマット変換機能を使用したセンサーに依存しないプロジェクト
  • 迅速、軽量、柔軟なメッシュ化ツール
  • コンテクストデザイン用の点検と計測機能
  • AEC、測量、タンク点検用のドメインセントリックなワークフロー
  • 豊富なスクリプト・エンジンによる高度なカスタマイズ
  • 業界標準に沿ったレポート作成(例: API 650/653へのタンク点検)
  • 堅牢なQAのオペレーション
  • IFCおよびRevitモデルを含む一般的な設計ファイル形式との互換性
  • フィーチャの自動抽出
  • 強力なスクリプトエンジン
  • DSM/DTM作成
  • 輪郭の抽出等

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ