Leica iCON site milling pilot

修繕舗装工でデジタル化されたソリューションの導入で、正確な切削深さと生産性向上を実現

Leica Geosystem iCON site automatic differential milling
Leica iCON site milling pilotは、デジタル化されたGNSS切削の最初のステップです。修繕舗装工に、正確な切削深さと生産性向上、より高い精度と滑らかな表面を実現します。従来のスプレーによるマーキングのミスで発生する切削の品質低下を防ぎます。iCON site milling pilotは、Cold Planerの現在位置で既存面と設計面の差を計算します。また、現在位置より先の予測点の設定値を算出します。 milling pilotで算出された差分を自動送信する機能により、切削値を手動で入力する必要がなくなります。
 

切削品質の向上


Leica iCON site milling pilotで“copying-effect”を取り除くことにより、より滑らかな切削面を実現し、突起を回避します。Leica iCONコントロール パネルでは、ソフトウェアが現在の位置より先の予測したポイントでの設定値と勾配(横断)値を画面表示します。次に、Cold Planerの現在位置の理論計算値をマシンのLevelingコントローラーに入力する必要がありますが、差分を自動送信する機能により、切削値を手動で入力する必要がなくなります。milling pilotの自動機能は、Level Pro、Level Pro Active、およびLevel Pro Plusのインターフェースを備えた現在ラインナップされているコンパクトおよび大型のWirtgen切削機で利用できます。

スプレーによるマーキング不要


切削深さの値をアスファルトに手動でスプレーするというエラーが発生しやすいプロセスは過去のものです。スプレーによるマーキングは、雨に流されたりして数値が読めなかったり、建機がマーキングの上にある場合、数値が読めないというリスクの可能性があります。既存面と設計面をiCON site milling pilotに読込みするだけで、ソフトウェアは2画面のプレビューで現在の位置より先の予測したポイントでの設定値を画面表示します。
 

生産性と柔軟性の向上


過剰な切削とその後の過剰な舗装を回避することで、舗装現場の時間と費用を節約できます。切削の深さを正確に決定して実現することで、現場の施工計画がさらに改善されます。Leica iCON site milling pilotは、2つのデータモデルをサポートしています。現況面(TINモデル)と設計面(TINモデル)を比較するか、現況面(TINモデル)と水糸モデル(3Dポリライン)を比較するかを選択します。
 

Leica iCON site


Leica iCON site ソフトウェアは、道路および土工工事向けのアプリケーションです。スマートで柔軟性のある測量ソリューションを提供します。
使いやすいソフトウェアアプリを1つだけ使用して、その測量に関連するすべてのタスクを実行できるようになると、作業速度、パフォーマンス、精度が向上します。
 

マシンコントロールや土工用製品の問合せ

本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。
本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。
セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。