Leica Nova MS60 ダイナミックロック

Dynamic Lock

Leica Captivateバージョン2.00のリリースに伴い、Leica Nova MS60 マルチステーションにダイナミックロック機能が搭載されました。これにより、#MS60を動くプリズムにロック(検知からの追従)する機能が大幅に向上しました。 お客様からは大好評をいただいています!

ここでは、トータルステーション ビジネスディレクターのHans-Martin Zoggが、このダイナミックロックの動作や使い道について解説します。

これまでは、ターゲットが望遠鏡の視野内にある場合を除いて、測量士や建設機械はトータルステーションがターゲットをロック(検知からの追従)するまで待たなければなりませんでした。たった数秒のことではありますが、積もり積もればその時間や費用は莫大になります。

これを、MS60 マルチステーションのダイナミックロック機能が変えました。たとえターゲットが動いていたとしても、マルチステーションはそのターゲットをロックでき、直ぐに追従するため、待機時間がなくなりました。

これは、以下のような動きを伴う使用状態に最適です。

1) マシンコントロール

2) ポールを置くことの多い場所での杭打ち

3) その他、動きの多い環境下

それでは、どのように機能するのかを簡単に説明します。これまでのMS60は、プリズムが望遠鏡の視野内を通過したときにのみ、動いているプリズムを検出してロックしていました。もちろん、望遠鏡の視野は1.5°程度と非常に狭いものです。新しいダイナミックロックでは、視野が+/-20°の垂直方向のレーザー走査角に拡大されました。そのため、この垂直走査範囲を横切るターゲットはすべて検出され、ロックされます。

実際にお使いいただくまで、どれだけ時間が節約できるかわからないと思いますので、ぜひお試しください!

動作の詳細については、How to動画をご覧ください:

 

 

よろしくお願いします。

 

Hans Juergen Zogg

Hans-Martin Zogg
トータルステーション ビジネスディレクター

Leica Nova MS60について

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。
世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。
セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。