事故および衝突の捜査

The new Leica RCD30 camera is presently the only one in the market which is able to collect 80 MP RGBN multispectral imagery perfectly co-registered.

交通事故、集団衝突、列車事故、飛行機の墜落事故など、小規模または大規模な事故現場の迅速で包括的な文書化が大幅に簡素化され、改善されます。事故現場は、アクセスしにくい場所、日中または夜間、雪、雨、霧などの悪天候にも関わらず文書化する必要があります。

当社のデジタル地理空間技術は、2 次元または 3 次元で事故現場の全ての細部を数分で取得します。転倒、ブレーキ、ロッキング、ドリフト、横滑りによって残された跡を記録し、視覚化します。結果は、全ての直接の証拠および関連する証拠の相対的な位置を示します。当社のソリューションは、現場の証拠を特定し、記録する際、十分で正確な情報が収集されることを確実にします。ステークホルダーがいつどこからでもインシデントを再検討できるように、現場作業を迅速に完了し、必要な全ての情報を確保することで、貴重な時間とリソースを節約できます。



事故現場の完全かつ正確なデータ取得と迅速な道路の再開

事故現場の全ての詳細を迅速かつ安全に記録するためには、当社の自動化とデジタル技術のパワーをご利用ください。基本的な 2 次元図面に必要な 1 回の単純な測定、没入的な 3 次元フライスルーとアニメーション用の包括的な点群、現場での最適なアプローチを決定するための柔軟性など、当社のソリューションはどのようなニーズにも衝突現場から迅速に撤収するために必要な洞察を提供します。

事故現場の科学捜査デジタルツインを再検討し、後日、全ての細部を再検証

当社の 3D レーザースキャニング技術は、事故現場全体を迅速かつ効率的に捉え、リアルタイムに点群を生成します。点群は測定可能なモデルを提供し、現実シナリオの 3 次元の仮想複製である科学捜査デジタルツインとして閲覧することを可能にします。

交通事故の文書化や捜査において環境条件を認識することが重要な役割を果たします

交通事故や犯罪または火災/放火現場など屋外で起こる事件において、法執行機関はあらゆる環境条件で目視検査を行い、証拠を保存します。雨、雹、雪、極端な暑さに関わりなく、仕事を行う必要があります。大規模な現場の記録は長時間に及び、日夜に関わりなく行う必要があります。当社のポートフォリオは、最も過酷な条件を満たす多様で堅牢なソリューションを提供しています。

当社の事故捜査と衝突の再構築ソリューションをご覧ください

法廷にそのまま使用できる成果物用の迅速、機敏、高精度の事故現場の文書化と科学捜査マッピング




Leica RTC360 で現場をキャプチャ

RTC360 3D レーザースキャナーを使用することで、事故現場を 1 秒間に最大 200 万点というスピードで 2 分以内に捉え、現場でプレレジストレーションを行うことができます。RTC360 でダブルスキャン機能を有効にすると、最終点群データで、人々や車などの移動オブジェクトを自動的に削除することができます。

Leica Cyclone FIELD 360 と Leica Cyclone REGISTER 360 でデータを管理

取得されたスキャンデータは、現場でプレレジストレーションを行い、 Cyclone FIELD 360モバイルデバイスアプリでリアルタイムに表示できるため、ユーザーは現場でスキャンの品質管理を実施できます。

Cyclone REGISTER 360ソフトウェアを使用して、オフィスで迅速に現場の後処理を実施できます。

Leica Map360 で広範囲の成果物を実現

Map360 は広範囲のセンサーからデータをインポートする柔軟性を備えた、現場の完全な再構築を行うためのソリューションです。事故分析、角運動量、QA プロトコル、証人の視点などの直感的なツールで現場を分析します。Map360を使用することで、3D 事故現場データを高精度で説得力のある科学捜査デジタルツインに簡単に変換できます。

BLK2FLY は世界で初めて自律型 LiDAR UAV を完全統合しました。




Leica BLK2FLY で現場をキャプチャ

Leica BLK2FLY は、上空からデジタルツインを取得する自律的な飛行レーザースキャナーです。事故または衝突現場の特に届きにくい場所や危険なエリアを BLK2FLYを使用して上空からスキャンできます。高度な障害物回避機能を搭載する GrandSLAM 技術を採用した BLK2FLY は最小のトレーニングで簡単に設定し、必要な全てのデータを取得するために現場の上空を飛行させることができます。

Leica Cyclone FIELD 360 でデータを管理

取得されたスキャンデータは、現場でプレレジストレーションを行い、 Cyclone FIELD 360 モバイルデバイスアプリでリアルタイムに表示できるため、ユーザーは現場でスキャンの品質管理を実施できます。スキャン設定と手動の飛行制御のために、BLK2FLY Live アプリを使用することもできます。

Leica Cyclone REGISTER 360 でデジタルツインを実現

オフィスで Cyclone REGISTER 360 ソフトウェアを使用してエアボーンスキャンの後処理を迅速に実行し、現場の完全なデジタルツインを分析用に作成します。

Leica BLK2GO ハンドヘルドイメージングレーザースキャナーにより、事故現場を歩きながらスキャン。




Leica BLK2GOで事故または衝突現場をキャプチャ

Leica BLK2GO は歩きながらカラー化された 3D 点群を取得するハンドヘルドのイメージングレーザースキャナーです。スキャナーを持ち、歩きながらスキャンすることを可能にする受賞歴を有するモバイルマッピングと GrandSLAM 技術で、いかなる事故または衝突現場でも現場をスキャンする時間を劇的に削減できます。BLK2GO で現場をすばやく移動することで、歩行中にすべての寸法を取得し、スキャン中にジオタグされた細部のイメージを捉えられます。

Leica Cyclone FIELD 360によるデータの管理と提供 

取得されたスキャンデータは、現場でプレレジストレーションを行い、 Cyclone FIELD 360 モバイルデバイスアプリでリアルタイムに表示できるため、ユーザーは現場でスキャンの品質管理を実施できます。また、スキャンおよびスキャナー設定のリアルタイムのモニタリングにBLK2GO Live アプリ を使用することもできます。

Leica Cyclone REGISTER 360で完全なデジタルツインを作成

Cyclone REGISTER 360 ソフトウェアでオフィスで迅速に現場の後処理を行い、現場の完全なデジタルツインを分析用に作成することができます。

 

事故の文書化とマッピングをその場で行う現場内でのビジュアルポジショニング




Leica GS18 I GNSS RTK ローバーで事故または衝突をキャプチャ

現場の周囲を歩くだけで、以前アクセスできなかった多くの地点を安全な距離から数分で測定できます。ビジュアルポジショニング機能を内蔵したGS18 Iで取得された写真からの高密度の点群が、センチメートル単位の位置品質を提供し、衝突または事故現場の視覚化を助けます。

証拠の正確な位置を抽出するシステム能力により、オフィスから証拠の完全性を確認し、現場を再検討し、自信を持って捜査を進めることができます。

Leica Infinity でデータの管理と提供

Leica Captivateソフトウェア搭載が現場でデータの取得、測定、処理を行い、Leica Infinity がオフィスで点の測定またはデータから点群の作成を実行できるため、天候や交通に悩まされることはありません。Infinity ソフトウェアは、GNSS センサー、トータルステーション、デジタル水準器、UAV からのすべての現場測量データの管理、処理、分析、品質検査を行うために設計されました。

衝突の記録に適した高精度のハンドヘルドイン・ピクチャ測定ソリューション




セキュリティ目的用の 3D レーザースキャン

Leica BLK3D で事故または衝突現場をキャプチャ

Leica BLK3D は、写真に基づく測定ソリューションです。取得されたそれぞれの写真は、高さ、幅、奥行きの測定を含む完全な測定記録です。測定は現場、または BLK3D デスクトップソフトウェア使用後の任意の時点など、いかなる時点でも作成できます。

BLK3D を使用することで、届きにくい場所でも簡単に測定できます。数値の転置や測定の紛失や不正確さを避けるために役立ちます。警察官や衝突捜査官が中小サイズの犯罪現場をその場で記録することを可能にします。

レジストレーション

内蔵の BLK3D ソフトウェアでデータの管理と提供

PC または BLK3D から WiFi 経由で PDF または JPG 形式で 3D 画像をエクスポートできます。BLK3D で取得された 3D 画像はコンピュータに送り、BLK3D デスクトップソフトウェアで画像を開いて管理できます。

取得された 3D 測定可能な画像は、2D 平面図を含む高度な PDF、3D イン・ピクチャ測定付き写真の作成に使用できます。事故現場を撤収した後でも、現場を仮想的に再検討できます。

当社の公共安全、セキュリティ、科学捜査専門家にお問い合わせください

スペインの主要な事故・衝突再構築家とのインタービュー

スペインの技術的な事故現場再構築および損害評価専門家のリーダー、David Lasanta Ajona が彼の生涯にわたるハイテクへの情熱と事故の被害者に正義をもたらす願望を語ります。
スペインの技術的な事故現場再構築および損害評価専門家のリーダー、David Lasanta Ajona が彼の生涯にわたるハイテクへの情熱と事故の被害者に正義をもたらす願望を語ります。

衝突事故の捜査と再構築におけるレーザースキャニングの長所、短所、実情

FCIR Ltd.の調査部長、Mark Crouch とのインタビュー。「3D レーザースキャナーの長所は、膨大なデータを取得できることです。短所は、潜在能力が最大活用されていないことです。実情は、3D データセットの取扱いの訓練が不足していることです。」

FCIR Ltd.の調査部長、Mark Crouch とのインタビュー。「3D レーザースキャナーの長所は、膨大なデータを取得できることです。短所は、潜在能力が最大活用されていないことです。実情は、3D データセットの取扱いの訓練が不足していることです。」

科学捜査マッピング:ポーランドの警察は、事故の文書化にトータルステーションを使用しています

Leica TS10 トータルステーションと CYBID eSURV ソリューションにより、ポーランドの警察官が交通事故のデジタル文書化を衝突と事故専門家に提出することを可能にした方法をお読みください。
Leica TS10 トータルステーションと CYBID eSURV ソリューションにより、ポーランドの警察官が交通事故のデジタル文書化を衝突と事故専門家に提出することを可能にした方法をお読みください。

当社を選ぶ理由

ピアー・ツー・ピアーアドバイス、コンサルタントと実際的な支援。私たちは、地理空間ツール、信頼性の高いサービス、専門知識で最も広範なポートフォリオを提供し、官民セクターの組織から信頼されるパートナーです。
ピアー・ツー・ピアーアドバイス、コンサルタントと実際的な支援。私たちは、地理空間ツール、信頼性の高いサービス、専門知識で最も広範なポートフォリオを提供し、官民セクターの組織から信頼されるパートナーです。

用途

私たちのノウハウは世界中の公共安全専門家の役に立ち、法執行機関の職員がインシデントと現場の捜査、証拠収集、科学捜査マッピングを行う方法を再定義します。
私たちのノウハウは世界中の公共安全専門家の役に立ち、法執行機関の職員がインシデントと現場の捜査、証拠収集、科学捜査マッピングを行う方法を再定義します。

ソリューション

当社のリアリティキャプチャ、現場捜査、再構築、正確な位置情報とロケーションインテリジェンスソリューションは、科学捜査デジタルツインの作成に大いに役立ちます。
当社のリアリティキャプチャ、現場捜査、再構築、正確な位置情報とロケーションインテリジェンスソリューションは、科学捜査デジタルツインの作成に大いに役立ちます。

ラーニングセンター

従来以上の文書化方法、技術のマスター、リソースのトレーニングなど、当社のトレーニングリソースは、日常業務の全てのステップでサポートします。
従来以上の文書化方法、技術のマスター、リソースのトレーニングなど、当社のトレーニングリソースは、日常業務の全てのステップでサポートします。