火災と爆発の高度な調査

The new Leica RCD30 camera is presently the only one in the market which is able to collect 80 MP RGBN multispectral imagery perfectly co-registered.

全てが火と煙からの煤で覆われ、黒ずんでいるとき、火災または爆発現場を正確に記録するにはどうすればよいでしょうか?

当社の技術を使用すれば、調査し状況を明確にするための重大な情報を迅速かつ安全に収集できます。当社のソリューションは現場の対応チームの安全性を維持し、火災調査で最初に取られたステップを完全に記録します。信頼できるソリューションで標準化された手順を実行することで、事件の経過に貴重な洞察を得ることができ、調査の種類や範囲がケースによって異なる場合でも、起こった事象を再構築することができます。



火災現場を保存し、対応チームの安全性をモニター

火災後の救助活動は、消防隊によって行われる最も複雑で入り組んだタスクです。構造がすでに倒壊している、または倒壊寸前の場合、安全は最優先事項です。消防隊が現場に到着すると、彼らの最初の最も重要なタスクは、包括的な調査です。

構造の安定性を分析し、必要な場合、すべての活動を通して行う構造モニタリング (例、Leica Geosystems トータルステーションGeoMoS ソリューション) が対応チームの安全性を向上させます。


火災または爆発現場の困難な状況における文書化

火災事故の現場での最初の懸案は安全性です。火災または爆発現場は、資材の加熱、構造の倒壊、損傷した電気とガス管、がれき、アスベスト、危険な燃焼生成物、その他の毒物などリスク要因が増加しています。

BLK360イメージングセンサースキャナーを使用して、サーマルイメージング機能で火災現場のヒートマップを表示して、建物に入る隊員のリスク軽減、被害者の救助、現場の文書化に役立ちます。構造または建物の範囲および環境要因が重要な役割を果たすことがあります。

大型または複雑な構造の取得は、RTC360 レーザースキャナーが最適です。この多様で堅牢なスキャナー(防水規格 IP54) は、悪天候での屋外データの取得に最適なツールです。


火災現場を保存し、バーチャル・リアリティ(VR)で詳細を視覚化することで、場所や時間に関わりなくスタッフを訓練することができます。

UAV データまたは 3D 点群からフォトリアリスティックな仮想現実環境を作成し、デジタルリアリティで火災または爆発現場を検証します。証拠写真、PDF レポート、2D データ、注釈を含み、ニーズに応じて柔軟に調整できる仮想シナリオで真の没入型レーニング環境を開発します。触覚や音声刺激により強化された、デジタル世界への没入感およびユーザーインタラクション、主観的視点、そして「臨場感」がバーチャルトレーニングの利点を完全にします。

インストラクター主導のトレーニングや、リモートでの自己学習等目的に応じたVR学習環境を、グループ、チーム、担当者に提供します。


当社が高度な火災および爆発調査に推奨するソリューションをご覧ください。


法廷にそのまま使用できる成果物用の迅速、機敏、かつ高精度の火災現場の文書化と科学捜査マッピング




rtc360

Leica RTC360 で現場の文書化

RTC360 3D レーザースキャナーを直接現場で使用することで、火災または爆発現場を 1 秒間に最大 200 万点というスピードで 2 分以内に捉えることができます。

RTC360 は環境条件や現場範囲に関わらず、スピード、包括性、ミリメートル単位の精度により細部と空間関係を簡単に記録します。

レジストレーション

Leica Cyclone FIELD 360 および Leica Cyclone REGISTER 360

取得されたスキャンデータは Cyclone FIELD 360アプリによって、現場で直接、視覚化およびプレレジストレーションを実行できるため、データの品質管理および品質保証を可能にします。

Cyclone REGISTER 360ソフトウェアを使用して、オフィスで迅速に 3D 環境の後処理を実施できます。

map360

Leica Map360 で広範囲のレポートを実現

当社の科学捜査マッピングソフトウェア、Map360 は、CCTV 映像、イメージ、その他の関連文書など収集されたスキャンデータを直接、分析および仮説モデルに統合します。データ分析結果は、犯罪/火災ラボ、またはどこからでも簡単にコンピュータからアクセスでき、火災の数週間後、数か月後など必要な時に詳細を見直すことができる容易なアクセス方法を提供します。

Map360 を使用することで、3D 火災および爆発データを高精度で説得力のある科学捜査デジタルツインに簡単に変換できます。

 

サーマルイメージング付き 1 ボタン火災現場リアリティキャプチャ360°




blk360

Leica BLK360 で現場をキャプチャ

BLK360は、環境を高精度の点群に重ねた 3 次元のフルカラーパノラマ画像として取得します。たったの1kg の重量を持つ BLK360 は、この種の機器では最小および最も軽量で、ワンボタン操作で簡単に使用できます。タブレット端末を操作できる人なら誰でも、環境を高解像度の3Dパノラマイメージとしてキャプチャできます。

内蔵のサーマルイメージングセンサーのため、 BLK360 はサーマル画像の取得が可能です。すべてのスキャンがサーマルイメージングのパノラマを含み、カラースケール内で温度を閲覧し、火災や爆発現場のエネルギー単位を捉えることができます。

field360

Leica Cyclone FIELD 360 と Leica Cyclone REGISTER 360 (BLK エディション) によるデータの管理と提供

Cyclone FIELD 360 モバイルデバイスアプリを使用することで、 BLK360 は Wi-Fi を通して画像と点群データを iPad へ、または最終プロジェクトデータを Cyclone REGISTER 360 もしくは Cyclone REGISTER 360 (BLK Edition)に配信できます。両ソフトウェアは、現場における画像および点群処理およびオフィスでの自動レジストレーションワークフローを提供し、お好みの BLK360 とソフトウェアソリューションでリアリティキャプチャプロセスを劇的に合理化することで、この技術をすべての人々に解放します。

 

火災現場における自動的な安全・救助業務の構造モニタリング




geomos

Leica Geosystems トータルステーションと専門アプリで動きを監視

Leica Geosystemsトータルステーションと搭載アプリにより、日夜、構造の動きを正確かつ自動的に監視し、インシデント対応チームと被害者の安全性を確認します。

manage_and_deliver

Leica GeoMoS ソフトウェアと Leica Geosystems トータルステーションによる動きの継続監視

長期にわたって監視する必要がある構造には、自動監視システムを設定できます。現場のLeica トータルステーションLeica GeoMoS制御ソフトウェアが構造のいかなる動きも休みなく検出します。安全性を確認するために、動きの通知はステークホルダーに自動的に送信されます。

 

火災現場における自動的な安全・救助業務の構造モニタリング




geomos

Leica BLK2GO で現場をキャプチャ

Leica BLK2GO は歩きながらカラー化された 3D 点群を取得するハンドヘルドのイメージングレーザースキャナーです。火災現場調査用の迅速な文書化には、受賞歴を有するモバイルマッピングと GrandSLAM 技術を使用することで、現場をスキャンする時間を劇的に削減できます。BLK2GO で現場をすばやく移動することで、すべての寸法を取得し、スキャン中にジオタグされた細部のイメージを捉えられます。

manage_and_deliver

Leica Cyclone FIELD 360 と REGISTER 360 でデータを管理

取得されたスキャンデータは Cyclone FIELD 360 アプリによって、現場で直接視覚化およびプレレジストレーションを実行できるため、データの品質管理および保証を可能にします。Cyclone REGISTER 360 ソフトウェアを使用して、オフィスで 3D 環境の迅速な後処理を実施できます。また、スキャンおよびスキャナー設定のリアルタイムのモニタリングに BLK2GO Live アプリ を使用することもできます。  

manage_and_deliver

Leica Map360 で広範囲のレポートを実現

当社の科学捜査マッピングソフトウェア、Map360 は、CCTV 映像、イメージ、その他の関連文書など収集されたスキャンデータを直接、分析および仮説モデルに統合できます。データ分析結果は、犯罪/火災ラボ、またはどこからでも簡単にコンピュータからアクセスでき、火災の数週間後、数か月後など必要な時に詳細を見直すことができる容易なアクセス方法を提供します。

Map360 を使用することで、3D 火災および爆発データを高精度で説得力のある科学捜査デジタルツインに簡単に変換できます。

火災現場における自動的な安全・救助業務の構造モニタリング




geomos

Leica BLK2FLY で現場をキャプチャ

Leica BLK2FLY は、上空からデジタルツインを取得する自律的な飛行レーザースキャナーです。BLK2FLY は、いかなる火災現場調査にも不安定な構造を含むアクセスしにくいエリアまたは危険なエリアも上空から簡単にスキャンします 高度な障害物回避機能を搭載する GrandSLAM 技術を採用した BLK2FLY は最小のトレーニングで簡単に設定し、必要な全てのデータを取得するために現場の上空を飛行させることができます。

manage_and_deliver

Leica Cyclone FIELD 360 および Leica Cyclone REGISTER 360

取得されたスキャンデータは Cyclone FIELD 360 アプリによって、現場で直接視覚化およびプレレジストレーションを実行できるため、データの品質管理および保証を可能にします。Cyclone REGISTER 360 ソフトウェアを使用して、オフィスで 3D 環境の迅速な後処理を実施できます。スキャン設定と手動の飛行制御のために、BLK2FLY Live アプリを使用することもできます。

manage_and_deliver

Leica Map360 で広範囲のレポートを実現

当社の科学捜査マッピングソフトウェア、Map360 は、CCTV 映像、イメージ、その他の関連文書など収集されたスキャンデータを直接、分析および仮説モデルに統合できます。データ分析結果は、犯罪/火災ラボ、またはどこからでも簡単にコンピュータからアクセスでき、火災の数週間後、数か月後など必要な時に詳細を見直すことができる容易なアクセス方法を提供します。

Map360 を使用することで、3D 火災および爆発データを高精度で説得力のある科学捜査デジタルツインに簡単に変換できます。

ロボティックキャリアに搭載された、自律型レーザースキャニングモジュール、 BLKARC が火災現場のような危険な場所をスキャンし、ナビゲートします




geomos

Leica BLK ARC で現場をキャプチャ

Leica BLK ARC は、ロボットやロボットキャリア用の自律型レーザースキャニングモジュールです。BLK ARCに最初に統合されたのは Boston Dynamics 社のロボット「スポット」です。人間の介入なし、または介入を最小限に抑えて不安定な構造を捉え、人員を安全な場所に留めます。ロボットキャリアに搭載された BLK ARC は GrandSLAM 技術により現場をスキャンし、停止して個別の静的スキャンを行います。遠隔からスキャンルートを計画し、必要なデータを取得するために BLK ARC を自動的に作動します。

manage_and_deliver

Leica Cyclone FIELD 360 および Leica Cyclone REGISTER 360

取得されたスキャンデータは Cyclone FIELD 360 アプリによって、現場で直接視覚化およびプレレジストレーションを実行できるため、データの品質管理および保証を可能にします。Cyclone REGISTER 360 ソフトウェアを使用して、オフィスで 3D 環境の迅速な後処理を実施できます。簡単に使用できるブラウザベースのユーザーインターフェース、BLK ARC UI は、大型または複雑な空間を含む、取得を必要とする空間の既存の図面または建物の BIMモデルを使用して遠隔からスキャンパスを計画できます。

manage_and_deliver

Leica Map360 で広範囲のレポートを実現

当社の科学捜査マッピングソフトウェア、Map360 は、CCTV 映像、イメージ、その他の関連文書など収集されたスキャンデータを直接、分析および仮説モデルに統合できます。データ分析結果は、犯罪/火災ラボ、またはどこからでも簡単にコンピュータからアクセスでき、火災の数週間後、数か月後など必要な時に詳細を見直すことができる容易なアクセス方法を提供します。

Map360 を使用することで、3D 火災および爆発データを高精度で説得力のある科学捜査デジタルツインに簡単に変換できます。

当社の公共安全、セキュリティ、科学捜査専門家にお問い合わせください

熱いうちに凍結!火災・爆発視覚化の専門家による洞察

科学捜査フォトグラファー兼犯罪および火災現場視覚化の専門家が、火災現場捜査の独自の技術や手続き上の課題に対する情熱を語ります。
科学捜査フォトグラファー兼犯罪および火災現場視覚化の専門家が、火災現場捜査の独自の技術や手続き上の課題に対する情熱を語ります。

スウェーデンの火災捜査の事例

火災調査官は、公安当局、保険会社、建築家、安全プランナーが火災を理解し、防止するために重要な役割を果たしています。独立火災調査官の Richard Jacobsson 氏が、自身のアプローチと強固な方法論、効率的な技術ツールの重要性について説明します。 
火災調査官は、公安当局、保険会社、建築家、安全プランナーが火災を理解し、防止するために重要な役割を果たしています。独立火災調査官の Richard Jacobsson 氏が、自身のアプローチと強固な方法論、効率的な技術ツールの重要性について説明します。 

ポーランドの消防隊は火災後の変形モニタリングにトータルステーションを使用しています

火災、放火、爆発現場の救助活動は、最も複雑で入り組んだ危険なタスクです。ポーランドの消防隊は、トータルステーションを使用して現場の安全性を確認しています。 
火災、放火、爆発現場の救助活動は、最も複雑で入り組んだ危険なタスクです。ポーランドの消防隊は、トータルステーションを使用して現場の安全性を確認しています。 

当社を選ぶ理由

ピアー・ツー・ピアーアドバイス、コンサルタントと実際的な支援。私たちは、地理空間ツール、信頼性の高いサービス、専門知識で最も広範なポートフォリオを提供し、官民セクターの組織から信頼されるパートナーです。
ピアー・ツー・ピアーアドバイス、コンサルタントと実際的な支援。私たちは、地理空間ツール、信頼性の高いサービス、専門知識で最も広範なポートフォリオを提供し、官民セクターの組織から信頼されるパートナーです。

用途

私たちのノウハウは世界中の公共安全専門家の役に立ち、法執行機関の職員がインシデントと現場の捜査、証拠収集、科学捜査マッピングを行う方法を再定義します。
私たちのノウハウは世界中の公共安全専門家の役に立ち、法執行機関の職員がインシデントと現場の捜査、証拠収集、科学捜査マッピングを行う方法を再定義します。

ソリューション

当社のリアリティキャプチャ、現場捜査、再構築、正確な位置情報とロケーションインテリジェンスソリューションは、科学捜査デジタルツインの作成に大いに役立ちます。
当社のリアリティキャプチャ、現場捜査、再構築、正確な位置情報とロケーションインテリジェンスソリューションは、科学捜査デジタルツインの作成に大いに役立ちます。

ラーニングセンター

従来以上の文書化方法、技術のマスター、リソースのトレーニングなど、当社のトレーニングリソースは、日常業務の全てのステップでサポートします。
従来以上の文書化方法、技術のマスター、リソースのトレーニングなど、当社のトレーニングリソースは、日常業務の全てのステップでサポートします。