Leica CloudWorx for 3DReshaper

3DReshaper 向け点群データ・プラグイン

CloudWorx

Leica CloudWorx for 3DReshaperは、Hexagonグループが提供する最高クラスのメッシュデータの生成ソリューションで、業務の生産性を飛躍的に向上します。ほんの数クリックで点群の処理から精密なメッシュの生成までを実現します。Leica Jetstreamユーザーは、シームレスなデータ転送、点群データの抜群の処理能力、3DReshaperとの効率的な共同作業、インポート/エクスポートの高速処理を体感できます。

3DReshaper用の分かりやすいCloudWorxプラグインソフトを使用することで、使い慣れた3DReshaperインターフェースとツールキットを使用してメッシュデータとモデル作成が行えます。また、当社の優れた点群データ処理能力を活用し、レーザースキャンで取得したデータからメッシュを作成する方法を短時間で習得できます。

3DReshaperの2ステップのモデリング手法は、スムージング、穴埋め、押し出しなど、さまざまなツールを使用することで、より精密なメッシュデータの作成を可能にします。貯蔵タンクの解析、BIM、デジタル地形モデルの作成、盛土と切土の体積算出や比較をおこなうモデリングソリューションをお求めのお客様は、3DReshaperに必要な機能が全て備わっていることを実感できます。

効率的な共同作業


CloudWorx for 3DReshaperとLeica JetStreamを併用することで、大きなデータセットを複数メンバーで共有して共同作業を行えます。JetStreamは複数のユーザーにによる同時接続を可能にし、保存済みのクリップ、断面、リミットボックスなどプロジェクトの様々なデータに同時にメンバーがアクセスし、作業がおこなえます。JetStream Enterpriseサーバーに接続するだけで、公開済みのいかなる点群データも取り組めます。

点群データの抜群の処理スピード


Leica JetStreamを通して解像度や速度を損なわずに簡単・迅速に大量のデータセットを読み込めます。タイムラグや面倒なインポート/エクスポートは不要で、全ての点群データをストリーミング。

CADまたはメッシュ作成基盤内で点群データの処理作業を行う際に、当社のJetStream点群エンジンは、他社にはない極めて高い生産性と信頼性が確保された技術基盤から最終提出物を作成できます。JetStreamの機能を体験するには、CloudWorxメニュー上でJetStream Experienceボタンをクリックしてください。

点群データから提出書類の作成までを簡素化


CloudWorx for 3DReshaperを使用することで点群からメッシュデータの生成、セクション作成、点検データの算出を行い、結果をカスタマイズ可能なレポートにエクスポートします。

建築、建設、文化遺跡、地質学、鉱山/採石場、測量、トンネル建造、土木工事、その他などさまざまな分野における建設、施工、現況測量、出来形測量、リバースエンジニアリング解析などに活用が可能です。

30日間の試用期限付き無償版 3DReshaper をダウンロード

 

Inter-CADワークフローが容易


CloudWorx for 3DReshaperで、基データのサイズに関わりなく点群データをインポート。3DReshaperは多様な種類のファイル、および様々なCADシステムで保存したCloudWorxのプロジェクトファイルを取り扱えるため、いかなるワークフローにも簡単に統合できます。Cyclone および JetStreamデータベースに接続することで数十億ポイントの点群データを処理し、インポート/エクスポートのステップをスキップできます。また3DReshaperは、ワンクリックでデータ送受信を可能にするAutoCAD無料プラグインソフトを搭載しており、インポートやエクスポートにかかる時間を削減します。

CloudWorx for 3DReshaper は世界中で簡単に使用できるように以下の言語にローカライズされています:英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、ハンガリー語、中国語、日本語、その他。

Case Studies

Read how customers from around the world are putting our diverse solutions into action to shape smart change.

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ