Leica CloudWorx for PDMS

PDMS向け点群データ・プラグイン

Leica CloudWorx for PDMS
Leica CloudWorx for PDMS
Leica CloudWorx for PDMS は、レーザースキャナーでキャプチャし現況測量を行った点群データをPDMS 内で直接、効率的に操作し、よりよい改修設計、建設、各種オペレーションに利用できます。PDMS内で仮想サイトを提供し、設計図が建設プロジェクトやその運用に及ぼす潜在的な影響の度合いを評価することができます。

使い慣れたPDMSインタフェースで点群データを用いた作業が行えるため、短期間で習得できます。Leica CloudWorx、強力なLeica Cyclone、新しいLeica JetStream点群データエンジンと、そのデータベース・アーキテクチャにより、PDMSユーザーは、大規模な点群データセットでも効率的に視覚化と加工処理を行うことができるようになります。完全で正確なレーザスキャンデータを活用して設計図を作成し、現状に対して提案された設計図を検証し、現況のモデルを作成し、重要な施工と組立て品質チェックなど、多くの作業をすべてPDMS内で直接行えます。

機能とメリット
  • CycloneとPDMSの間で3Dオブジェクトをデータ転送する新機能
  • スキャンデータの高速処理
  • スライス表示、半空間断面表示、およびリミットボックス表示
  • オートパイプセンターDポイント
  • 正確な突合せや干渉チェックとレポート作成
  • 点群データから直接計測
  • 複数ユーザーによる同時ネットワークアクセス
  • あらゆるレーザスキャナーをサポート
  • カタログによる鋼材フィッター
  • 極めて高速に点群データのレンダリング処理を行うための、CycloneまたはJetStreamのデータソースのオプション

Case Studies

Read how customers from around the world are putting our diverse solutions into action to shape smart change.

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。