Leica CloudWorx for Revit

Revit向け点群データ・プラグイン

Leica CloudWorx for Revit は、レーザースキャナーで取得した豊富な現況測量の点群データを直接 Revit で使用して、より高品質の BIM モデルを生成するプラグイン・ソフトウェアです。これは改修設計、建設、各種オペレーション、建物の資産管理といった幅広い BIM に有益なツールで、取得情報をベースに多彩なビューを提供する Revit で現場を仮想訪問することができます。

使い慣れたRevitインタフェースおよびツールでレーザースキャンデータを用いた作業ができるため、短期間で習得できます。Leica CloudWorx、強力なLeica Cyclone、および新しいLeica JetStreamの点群データ・エンジンにより、Revitユーザーは大規模な点群データセットを効率的に視覚化処理し、BIMモデル作成を行うことができるようになります。ユーザーは、Revit内で高性能な点群データ・アプリケーションをすべて直接利用できます。

CloudWorx for Revit の追加ツールは、鋼材、フランジ、パイプ、2Dラインの正確なフィッティング確認、または壁、床、構造部材、ドア、窓、機器などを配置設計する機能を有します。また、CloudWorx for Revit は、CycloneからCOEモデルの直接インポート、および(または)RevitモデルをCOEとしてエクスポートが可能です。これにより、Revitで作成した軽量のモデルをCycloneで利用し、追加のデータ分析や、TruViewsでモデルの公開が行えるようになります。


機能とメリット
  • Cyclone、JetStreamあるいはReCapデータソースのオプション
  • レーザスキャナーまたは他の3次元センサーから取得した点群データをRevitで処理
  • 時間がかかる点群データのファイル形式をエクスポート/インポートする作業の必要性を排除します。
  • スライス表示、セクション表示、およびリミットボックス表示を含め、大きな点群データセットをより速く操作しナビゲーションできます。
  • 点群データのピックからどんなRevitモデルのアイテム(壁、床、構造部材など)でも配置できます。
  • 鋼材、フランジ、オートパイプおよび2Dラインフィッター
  • インテリジェントな出来形測量でカタログのフィッティング
  • 「傾いた」壁のモデル化
  • インポート/エクスポートによるCyclone COEモデルのサポート
  • エクスポートによる容易なレポート作成機能を装備し、干渉チェックおよび干渉防止検知を行うクラッシュマネージャー
  • 点群データから建物の水平レベルを直接設定
  • 点群データから作業面を設定
  • パイプ、丸いダクトおよび柱の中心線および直径を自動的に検出
  • プロジェクトの環境設定を保存
  • 英語、ドイツ語、日本語のほか、他の言語でも利用可

JetStream Experience

CAD環境内で点群データの処理作業を行う場合、ライカジオシステムズのJetStream点群エンジンは、他にはない極めて高い生産性と、より高い信頼性を確保した最終提出物を作成します。全点群データの常時および瞬時の読み込みと、連続的なレンダリング処理により、タイムラグや「再生成」の心配がなくなりました。数十億の点データでさえ処理できます。CloudWorx for RevitのJetStream Experienceは、現在使用中のCloudWorxで、作業時間の節約とコスト削減をします。メニュー・リボンで新しいJetStream Experienceボタンをクリックし、ソフトウェアのプロンプトに従うだけで、容易にExperienceをダウンロードし実行できます。

レーザースキャナーに関するお問い合わせはこちらから

製品やソフトの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ

事例

世界中のお客様が当社の様々なソリューションを活用してスマートな変革を起こしている様子をご覧ください。