Leica iCON iGD1 - CoPilotソリューション

ブルドーザー1D自動ブレードコントロール

Leica iGD1 CoPilot

オペレータが必要な勾配基準を設定し、レーザー、マスト、またはGNSSを使わずに勾配を保持できる便利なソリューションです。 CoPilotを使用してブレードポジションを自動調整することで、未経験のオペレータでもやり直しや追加の作業を行うことなく滑らかな整地、勾配を簡単に作成することができ、燃料費や人件費を削減します。

やり直し作業を削減


最初の走行で正確な敷均しを実施。 ターゲット勾配を設定し、自動ターゲット機能で直ちに敷均し作業を開始します。 CoPilot システムがブレードの高さを自動的にコントロールします。

作業ミスを回避


iGD CoPilot は洗濯板(washboard)のような整地の作成と不正確なブレードの横断勾配を無くします。 その結果、初心者でもプロ級の結果を実現し、やり直し作業や摩耗による費用を削減します。

トレーニングの手間を削減


未経験のオペレータでも短期間に生産性が向上します。 CoPilotのアシストがあれば、作業者は特別な訓練を積むことなく、複数の重機をコントロールできるようになります。 その上、iGD CoPilot は回転レーザー、トータルステーション、GNSSがなくてもご使用いただけます。

摩耗の抑制


必要のない仕事に重機を使うやり直し作業をなくし、設備の寿命を延長します。 操作台に iGD CoPilot を搭載することでオペレータの疲労と不正確な敷均しから生じるコストを削減し、重機の摩耗を抑制します。

関連製品
 
 
 

マシンコントロールや土工用製品の問合せ

本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。
本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。

iGD CoPilot

ブルドーザーのオペレータはライカジオシステムズのGD CoPilotを使用することで重機の速度と方向性のみに集中できます。

ブルドーザーのオペレータはライカジオシステムズのGD CoPilotを使用することで重機の速度と方向性のみに集中できます。