Leica iCON iRD3 – ドリラー(せん孔機)ソリューション

ドリラー(せん孔機)の効率と生産性を向上させます。

3Dソリューション - ドリラー(せん孔機)

Leica iRD3は、建設・鉱山現場での掘削に必要な正確なポイントと深度にオペレーターを正確かつ安全に導く、柔軟で高速な3Dマシンコントロール ソリューションです。 iRD3は建設・鉱山現場および事務所のすべての作業者に接続可能で、シームレスな統合とデータワークフローを可能にします。 

一つのソリューションで完全に制御


Leica Geosystemsのall-in-oneマシンコントロール プラットフォームには、iCON rigソリューションが含まれています。 iRD3はIREDES、KOF、LandXMLの各ファイル形式をサポートし、Leica ConXなどのiCON関連製品とシームレスに統合して、プロジェクトデータの共有、プロジェクトの進捗状況の監視、および出来形レポート作成を行います。 . iCON site(測量ソフトウェア)でドリルパターンを作成し、パネルのMC1ソフトウェアに直接インポートします。

使いやすい


iRD3は、重機オペレーターを正確な位置と深さに誘導し、直感的なユーザーインターフェイスでプロジェクトの進捗状況を視覚化することにより、手戻りや人為的エラーを回避します。 3D表示で色分けされたドリルパターンをプロジェクトで共有して、プロジェクトを監視したり、ブルズアイ(標的の中心円)ズームを備えたユーザーインターフェイスで誘導できます。直感的なメニューとナビゲーションシステムにより、オペレーターはより迅速かつ正確に作業できます。 

柔軟性


iRD3は柔軟性のある機器構成を提供します。 アンテナはリーダーまたは重機本体に取り付けて、精度と施工スピードを最大限に高めることができます。 オペレーターは、2台のトータルステーションを使用して、都市部などのGNSSの受信が難しいエリアで作業可能です。 Leica iRD3は、建機メーカー独自のセンサー構成と統合し、建機メーカー独自のプロセスデータ記録システムとインターフェイスすることができます。つまり、出来形情報をメーカー独自の出来形レポートシステムに直接エクスポートできます。 

より高い品質と安全性


Leica iRD3は、手動で杭打ちする必要をなくすデジタルソリューションです。 重機周りの作業者が少なくなり、オペレーターが重機のキャビンから作業できるため、現場の安全性が向上します。 Leica iRD3の正確な誘導とドリル穴の正しい深さと角度により、均一なドリルパターンが保証されます。    適切な岩石の破砕と爆発物の使用の減少により、爆風は制御され安全です。    


ダウンロード
 
 
 

Leica ConX

接続された全ての建設・土木プロジェクトを効率的に管理し、全関係者と業務関連データをリアルタイムに交換。

接続された全ての建設・土木プロジェクトを効率的に管理し、全関係者と業務関連データをリアルタイムに交換。

マシンコントロールや土工用製品の問合せ

本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。
本製品の詳細や購入に関するお問い合わせはMCP事業本部(旧ジオサーフCS)までお願いいたします。