整準盤

アプリケーションに理想的な整準盤

ライカジオシステムズの整準盤
三脚の安定性と同様に、整準盤の安定性も測定精度に大きく影響する要因です。製造時には、整準盤の重要な基準であるねじれ剛性を常にコントール、テスト実施しています。ライカジオシステムズの整準盤のメンテナンスフリーの整準ネジは、常にスムーズな動きをし、長期間使用も可能な設計がされています。本体のベースプレートのサポート部の正確なアライメントによって、非常に高い精度のセンタリングが保証されています。レーザー求心も頑丈に設計されており、製品を所有している間は、整準盤の調整は不要です。専用設計された整準盤は、高温、ホコリの多い現場や高い湿度の測定環境も含め、あらゆる用途に対応できます。

解りやすい選択肢
オリジナルの整準盤は、すべて当社の厳密な仕様および品質規格に適合しています。製品の選択は、個々の精度要件に応じて行ってください。

Professional 5000:最大ヒステリシスは 1" (0.3 mgon) またはそれ以下
Professional 3000:最大ヒステリシスは 3" (1.0 mgon)
Professional 1000:最大ヒステリシスは 5" (1.5 mgon)

オリジナル製品のねじり剛性
一旦機器を停止し、整準盤がその開始位置へ戻る精度は、ねじり剛性またはヒステリシスと呼ばれます。ヒステリシスは、TPSの回転によって生じる、整準盤のトッププレートとベースプレートの間の相対的な変化です。ヒステリシスは、機器の角度精度に直接影響します - これが当社製の優れた点です。ヒステリシスの最適化は複雑で、また極めて高い精度が要求されます:上部プレートを下部プレートに0.3μm移動させると、角度誤差は1インチになります。特に電動機器は、加速およびブレーキ出力が高いため、非常に高いねじり剛性を備えた整準盤が求められます。

Original Accessories

Benefit from the quality, precision and reliability of Leica Geosystems original accessories.

お問い合わせ Leica Geosystems

セールス、サポート、技術サービスのお問い合わせはこちらから。